日本殺人事件

日本殺人事件

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

その国に辿り着いたわたしを出迎えてくれたのは、カンノン様のありがたい巨大な微笑だった――。人生を一からやり直すため、長年憧れ続けた日本へ赴いた私立探偵トウキョー・サム。そこは、伝統と現代が奇妙に交錯し、神とホトケ、そしてサムライ・スピリットがいまなお息づく神秘の国であった。異国の風物や習慣に驚嘆し、戸惑いながらも、真のサムライにならんと意気込むトウキョー・サム。そんなサムが遭遇した奇妙なセップク事件、茶室の密室、オイラン見立て連続殺人! 徹底した趣向とアクロバティックな論理の結実が、本格ミステリのさらなる可能性を切り拓いた、山口ミステリの真骨頂。日本推理作家協会賞受賞作。

ジャンル
出版社
東京創元社
ページ数
321ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

日本殺人事件 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年11月18日

    海外作家が書いた日本を舞台にしたミステリを山口先生が翻訳して出版したという設定になっています。
    外国人が書いた日本という設定なので、かなり怪しげな世界観の日本になっております。
    それがまた味があって良いのです。
    短編が3編あるのですが、どれも非常に良く出来ていて楽しんで読めました。
    山口先生の書く小...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月21日

     アメリカ人によるオリエンタリズム的偏見の「風変わりな日本」を舞台とする3つのミステリ連作短編。現代なのにサムライ、ニンジャ、オイランが普通に存在し、切腹したり心中したりする世界で、ジャポニズムにかぶれたアメリカ人探偵が殺人事件に次々と巻き込まれていく。文体がいかにもあやしげな外国製「日本文化論」の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2011年02月10日

    第48回日本推理作家協会賞受賞作品。『微笑と死と』、『侘の密室』、『不思議の国のアリスン』、『南無観世音菩薩』の4編収録。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています