安倍晋三と菅直人 非常事態のリーダーシップ

安倍晋三と菅直人 非常事態のリーダーシップ

作者名 :
通常価格 1,034円 (940円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

コロナ禍の今、日本は東日本大震災と東京電力福島第一原発事故以来の国家的危機に直面している。この歴史的な国難に対して、当時首相であった安倍晋三と菅直人はどのように対処したのだろうか。危機に際して国民に何を語り、国民をどう守るかは政治家の最優先事項であり、時の政府の姿勢は、国民に対する本音を浮き彫りにする。安倍元首相は常々、民主党政権を「悪夢」と呼んでいたが、はたして安倍政権は菅直人政権をこんなに非難できるほど優れていたのか。そこで、両者の「危機の認識力」「国民への言葉」「権力の使い方」「補償」など個々の対応を徹底比較し、危機における、あるべきリーダーシップを考察。最後に安倍政権を引き継いだ菅(すが)政権のコロナ対応も評価する。10年前の記憶・記録を掘り起こすことで、今の自民党政権の“実態”が明らかになる!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
320ページ
電子版発売日
2021年10月15日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
3MB

安倍晋三と菅直人 非常事態のリーダーシップ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月06日

    意見が偏ってる気もするが、かなり読みやすかった。
    政治に関連した本は初めて読んだが、すんなりと最後まで読み終えられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月09日

    安倍首相のコロナ対策を批判し、菅直人首相の原発事故対策はある程度、合法的なものであった、という比較論調で読んでいくぶんには面白い。
    確かに安倍首相も酷かったが、311当時の菅首相もかなり酷かった記憶が、、、
    比較の問題かな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社新書 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング