霊魂の足 加賀美捜査一課長全短篇

霊魂の足 加賀美捜査一課長全短篇

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

上野駅地階の食堂で、眼鏡の男が隣の客の古トランクをすり替える現場を目撃した加賀美は、男を尾行して空襲の焼跡と闇市が混在する街へ。男の奇妙な行動に隠された動機とは……「怪奇を抱く壁」。暗闇の中、被害者は如何にして射殺されたのか。地方出張中に遭遇した事件「霊魂の足」ほか、昭和21年、敗戦直後の混乱した世相を背景に発生した事件を、冷徹な観察と推理で解決していく加賀美敬介警視庁捜査一課長の活躍を描き、戦後探偵小説の幕開けを飾ったシリーズ全短篇を集成。関連エッセー二篇を併録。/【目次】緑亭の首吊男/怪奇を抱く壁/霊魂の足/Yの悲劇/髭を描く鬼/黄髪の女/五人の子供/【エッセイ】加賀美の帰国/「怪奇を抱く壁」について/解題/解説/末國善己

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
317ページ
電子版発売日
2021年10月12日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
4MB

霊魂の足 加賀美捜査一課長全短篇 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月31日

    終戦直後の話だけど昭和40年代くらいまではこういった感じだったよなと思ってしまった。肌感覚で理解できる人は還暦以上かな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月17日

     名こそ知っていたが、初めて読む角田喜久雄のミステリー、というよりも探偵小説と言った方が相応しいか。

     本書は、警視庁捜査第一課長・加賀美敬介が登場する全短篇を一冊にまとめたものである。
     シムノンのメグレをモデルにしたとのこと、そう言われると、確かに雰囲気が感じられる。市井の人々に向ける視線であ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

創元推理文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング