押し入れ
  • 完結

押し入れ

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

恐怖、復刻! 山岸凉子が、人の心の真の闇を描いた4編。迫力の筆致がよみがえるカラー扉絵を、全カラー収録した、完全新装版!!


死の淵をさまよう男が体験した世界を描いた『夜の馬』。母親の、我が子への偏愛がもたらした破滅への道程『メディア』。実話をもとに語られる『押し入れ』。そして、愛を打算にかけた男が取り憑かれた怨念の形『雨女』。衝撃の4編が、あなたを捕らえる。

カテゴリ
少女・女性マンガ
ジャンル
少女マンガ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
なかよし
電子版発売日
2021年10月04日
サイズ(目安)
59MB

関連タグ:

押し入れ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年04月18日

    山岸涼子で思い出したこの本。『鬼』とあわせて、子どもの頃のトラウマ本である。家にあったのはAmieコミックの方だったけれど、表紙見るだけでトラウマ復活だったのでこっちに。
    押し入れがある部屋で寝られなくなる本。現在住んでいる家は、寝室に押し入れがあるのにね...

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月08日

    表題作のほか、「夜の馬」、「メディア」、「雨女」収録(「夜の馬」「雨女」はいずれも実際の事件をテーマにしたもの。両方とも有名すぎる事件です)。
    オススメは母親と子供の関係を描いた「メディア」。母親の描写がとにかく素晴らしい。プレゼントがちりめん製のテディベアだとか、「こういうタイプの母親」によくここ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月13日

    再読。手持ちの山岸短編集の中で一番好きな作品かも。 特に印象的なのはやっぱり「メディア」。子どもは自分のものだと思い込む時点で、アメリカも日本も根本は一緒なような。。「鬼子母神」に出てくる母子を思い出した。(感想2/13)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    『メディア』のような、着地してはいけない所に見事着地してしまう話(『舞姫』もこれの応用?)が本当に怖い。おかあさ〜ん

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月13日

    ★夜の馬
     臨死体験。
    ★メディア
     娘を溺愛する母と、振り払おうともがく娘。
     溺愛というより依存に近い。
    ★押し入れ
     山岸涼子お得意の、作者近辺に取材した怪談。
    ★雨女
     保険金目当てで女を破滅させた男について、
     だまされた女の側から描いた作品。
     ロス事件を題材にしてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ無料版購入済

    結構

    1月のクリスマス 2021年11月01日

    リアルな事件をモデルにした作品が2つ。
    「夜の馬」はミドリ十字の事件だし、「雨女」はロス疑惑だし。
    水子ならぬ死んだ女の霊を引きずってるの怖いw

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

なかよし の最新刊

無料で読める 少女マンガ

少女マンガ ランキング