魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣

魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣

作者名 :
通常価格 1,900円 (1,728円+税)
紙の本 [参考] 2,090円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

20歳の時、51歳の伝説のフォトジャーナリスト、
ユージン・スミスと出会ったアイリーン・美緒子・スプレイグ。
二人は、チッソの工場排水が引き起こす
未曽有の被害に苦しむ水俣を目指した。
世界に衝撃を与えた、人生最後の一枚を撮るために。
取材開始から十余年、それぞれの運命を背負った二人が、
近代化の傷と再生の瞬間を切り取った
濃密な三年間に迫る大河ノンフィクション。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 選書・双書
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
360ページ
電子版発売日
2021年09月10日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
3MB

魂を撮ろう ユージン・スミスとアイリーンの水俣 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月21日

    “MINAMATA ”を観たあと読みました。映画の疑問点が色々と補完できて、一つの映画作品として仕上げるために舞台を変えたり加減したところも確認できました。
    企業と公害被害者という関係だけでなく、国策、マスコミ、様々な問題が、その辛い状況の上に幾重にも積み重なる。特に地域の人間関係が壊れる様子はあま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月30日

    映画MINAMATAから来た。圧倒的衝撃力で突き刺さった今年No. 1候補。こんなにも突き刺さったのは、何も知らずに生きてきた自分のなんというか無力感でもあった。教科書的なことしか知らないから、この非情な現実も会社や国の態度もそこで生きる人たちの葛藤もそしてそこに共に生きた写真家のことも、その全てに...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春e-book の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング