旭日旗、征く! (5) 封鎖回廊戦略海図

旭日旗、征く! (5) 封鎖回廊戦略海図

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和22年8月、インドシナ半島での退勢を挽回したいNATOの一翼を担うフランスは、ベトナムの仏印空軍を駆使して、大連合軍の兵站線破壊をもくろみ、民主中華連邦南方の都市・昆明に航空攻撃を仕掛ける。この作戦の余波がマラッカ海峡に展開する大連合Z部隊へと及ぶかに見えたが……。そして、マラッカ海峡では戦略的戦闘が大連合対オランダ東洋艦隊の間に開始される―――――!!

ジャンル
出版社
学研
ページ数
243ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

旭日旗、征く! (5) 封鎖回廊戦略海図 のユーザーレビュー

レビューがありません。

旭日旗、征く! のシリーズ作品 1~12巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~12件目 / 12件
  • 旭日旗、征く! (1) 混沌の方程式
    1935年日本海軍は小笠原沖で米太平洋艦隊に大敗を喫した。それから11年後の1946年12月……アメリカは再び日本に宣戦布告、南鳥島と台湾・高雄港を急襲した。東南アジア諸国の独立をめぐる戦争、日英同盟が存続し、米ソが第2次大戦に参戦しなかった「もう1つの世界」の戦いは日を経ずして太平洋、大西洋の両洋大戦に拡大していく。日清戦争を分岐点に、別の歴史を歩む「アジアの日本」の第3次...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (2) 戦禍の拡散理論
    昭和10年の小笠原事変に敗北した日本だが、昭和22年1月に硫黄島に基地を建設して、中部太平洋――そして遠くは米本土を睥睨する……。さらに、日中韓の東亜三国は米航空兵力および基地機能の削減に血道を上げた。しかし、これこそ一大協同作戦「トライデント・アタック」の“序曲”だった。一方、欧州でも英と仏蘭がドーヴァー・英仏海峡を挟んで対立の色を深める。地球規模でもう一つの「世界」が胎動を始...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (3) 戦略集束座標(1)
    昭和22年3月、仏軍は英領マルタに空襲を加えた。これに対して、日・オーストラリア・ニュージーランド空軍は協同して仏軍へ阻止作戦を展開し、ヨーロッパでも戦端が開かれる。さらに、アジア北部でも“第三勢力”が胎動、さらなる紛争の火種が撒かれる。一方、アジア南方でもフランスがオランダをも巻き込み、インドシナ半島・英領シンガポールをめぐる攻防戦が生起する―――――!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (4) 戦略集束座標(2)
    昭和22年6月、空襲に疲弊したフィリピンにテコ入れをはかりたいアメリカ軍は、トラック環礁を根拠地としてアジアへその歩を進めるのだった。日本軍は攻略したウェーク島での橋頭堡建設を進めながら、潜水艦により防衛ラインを形成し、アメリカ軍に対し阻止戦を展開する……。ヨーロッパでは、ジブラルタルをNATO軍に抑えられた大連合軍が、スカパフローに艦艇集結させる―――――!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (5) 封鎖回廊戦略海図
    昭和22年8月、インドシナ半島での退勢を挽回したいNATOの一翼を担うフランスは、ベトナムの仏印空軍を駆使して、大連合軍の兵站線破壊をもくろみ、民主中華連邦南方の都市・昆明に航空攻撃を仕掛ける。この作戦の余波がマラッカ海峡に展開する大連合Z部隊へと及ぶかに見えたが……。そして、マラッカ海峡では戦略的戦闘が大連合対オランダ東洋艦隊の間に開始される―――――!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (6) 拡散と収斂の相関図
    マラッカ打通に成功した大連合は、旧蘭印領奪還を目指すオランダ軍の野望を駆逐した。そんな中、北太平洋を哨戒中の『宗谷』がアリューシャン列島で不穏な動きを察知する……。一方、大連合の支援でフィリピンのフクバラハップ主導の独立運動は激化した。フィリピンはアメリカにとっては西太平洋における重要な橋頭堡で、その喪失はNATOの戦略にとっても大きな損失となる。これを解消すべく米軍は意外な策を...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (7) 同時多発局地戦争
    昭和23年5月、米ソ同盟により旧式とはいえ米から貸与された戦艦・空母を得たソ連艦隊および陸軍は、日本軍の抑える北千島・南樺太を奪還すべく攻撃を開始するのだった。日本軍も占守島・幌筵島の航空兵力、南樺太の陸上兵力をもってこれに対抗しようとし、海上からも第二機動部隊第二群の第七艦隊がソ連戦艦部隊に対して、攻撃を仕掛ける。やがてその戦火は地中海へと飛び火する―――――!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (8) 欧亜第一正面
    大連合はマラッカ打通に成功したZ部隊、そしてZ部隊から分離した奇襲部隊の活躍で、ジブラルタル=アレクサンドリア間の地中海を確保した。その矢先、大連合寄りの新生ドイツに対し、ソ連がついに宣戦布告!!一方、米任務部隊はニューヨークに集結を始めていた。大連合も戦局を有利に導かんと、日英合同A部隊をもって米艦隊に挑む!NATO対大連合の勢力地図は、今まさに塗り替えられようとしていた―――――!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (9) 見えない明日
    1948年10月、ドイツに対し宣戦布告したソ連軍は、東プロイセンの首都ケーニヒスベルクを制圧し、「カリーニングラード」と改名してしまう。東プロイセン東部も確保したソ連軍は、ここを橋頭堡として西部へも食指を伸ばそうとしていた。さらにフィンランドに対しても半ば強引に侵攻を企図、バルチック艦隊も胎動を始める。大連合は合同艦隊を急編成し、対抗しようとするのだった―!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (10) 反攻の三大洋
    1949年8月、ウラジオストックを占領され、ヨーロッパ戦線でも劣勢を強いられるソ連は、9月23日、突如として大連合と休戦協定を結んだ。これで大連合の戦略は、対NATOに絞り込まれることになり、その眼は大西洋・地中海、さらには太平洋に向けられる。一方のNATO側だが、トゥーロンの再建を半ば放棄した仏軍は、マダガスカルと西アフリカに戦力の充実をはかるのだった―――――!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (11) 決戦への羅針盤
    ソ連の脱落に伴い、NATOは大連合の欧亜連絡を断ち切ろうとはかる。仏領のモロッコを足場にした北上作戦と、英領セイシェル攻略によるインド洋シーレーン分断作戦……三軍の全戦力をもって対抗する大連合だが、NATO優勢のうちに戦局は推移しつつあった。そして1950年10月、大洋を血に染める第2次大西洋大海空戦が生起、終戦のかたちを互いに模索しつつ、最終決戦の時が迫ろうとしていた!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 旭日旗、征く! (12) 暗雲の行方
    インド洋のシーレーンを大連合に明け渡し、虎の子の第二二任務部隊を失ったアメリカは、再編なった第二五任務部隊をもって北大西洋に臨んだ。その最中、フランスが突然休戦協定を大連合と結ぶ。支援の途を完全に断たれたアメリカだったが、太平洋での挽回を企図し、思わぬ反撃に出る――!!
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています