ジェフリー・ザスローの一覧

「ジェフリー・ザスロー」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/17更新

ユーザーレビュー

  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに
    >大切なのは、完璧な答えではない――限られた中で最善の努力をすることだ。最後の講義でもこの本でも、僕はそのとおり努力した。ランディ・パウシュ
     ずいぶん長い間「積読」にしておいたことを後悔する素晴らしさ。パウシュ教授は、幼いランディの頃から目の前に立ち塞がるレンガの壁を、それまでしてきた準備と一瞬の...続きを読む
  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに
    46歳で癌によって余命半年を宣告された大学教授である筆者が愛する子供たちと次世代を担う若者のために行った「最終講義」を書籍化したものです。そのテーマは「夢の叶え方」何度読んでも心動かされます。

    僕が本書を取るきっかけとなったのはNHKで深夜帯に放送されていた 筆者の「最後の授業」の映像でありました...続きを読む
  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに
    教訓本はあまりスキではないし、翻訳本もあまりスキではないけど、
    姉に勧められて読みました。


    彼の考え方がよく伝わってきました。
    すべてに共感できるわけではないけど、
    ハッとさせられる言葉が多くて、
    自分の生活を見つめなおすきっかけになりそうです。
    やっぱり言葉の力はすごい、と思う。
  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに
    一般より若くして亡くなったのは
    残念だけど、彼は幸せな人生を
    生きることができたのではないかと思った。
    彼が残していく家族、残された家族を
    思うと悲しいけど。
  • 最後の授業 ぼくの命があるうちに
    ガンで余命半年を宣告された大学教授。彼は残された時間を講義に捧げることを決断。綿密に準備された「最後の授業」で、彼は自らの生い立ちにはじまり、家族のことや夢、目標を赤裸々に語り、聴衆へこれからの人生を豊かにする方法を教える。

    彼の語りには悲壮感や後悔、死への恐怖は含まれず、前向きだ。そして、彼の人...続きを読む