「吉田文和」おすすめ作品一覧

「吉田文和」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/01/31更新

ユーザーレビュー

  • グリーン・エコノミー 脱原発と温暖化対策の経済学
    グリーン・エコノミー - 脱原発と温暖化対策の経済学を読みました。

    震災後のいま、大きな争点となっている原発依存からの脱却と再生可能ネルギーの拡大は「自然エネルギーは原発の代替にならない」「これ以上の省エネの余地はない」「温暖化対策は経済発展をさまたげる」等の懐疑論もあり日本では実を結んでいない現...続きを読む
  • グリーン・エコノミー 脱原発と温暖化対策の経済学
    洞爺湖サミットを機に北海道大学が立ち上げた「持続可能な開発低炭素社会」を元にまとめられた労作です。大震災と原発事故を折り込み、いま人類に出来る取り組みとは?を問いかけます。
    地球温暖化、二酸化炭素主犯説を元に書かれていますのでそこの議論も必要かと思います。しかし、盛り込まれている情報の多さは刮目すべ...続きを読む
  • グリーン・エコノミー 脱原発と温暖化対策の経済学
    2011年3月11日に至るまで、そしてさらにその後の大震災を踏まえての「エネルギーと環境」に関する様々な議論をまとめた書。新書ながらよくまとまっている。ただしこれからの政策策定に関する提言の部分は真新しさもなく、別段面白くない。エネルギーと環境という議題に、申し訳程度経済学を絡めたようなお話だった。
  • 循環型社会 持続可能な未来への経済学
    [ 内容 ]
    近年、「循環型社会」をめざしゴミ減量化とリサイクル推進の取り組みが始まっているが、そのどちらもあまり成果があがっていないのが現状である。
    自治体・業者・市民それぞれに手間と費用が増え、不法投棄や海外への有害廃棄物の輸出など、弊害もあらわれている。
    本書では、容器包装、家電、自動車などの...続きを読む
  • グリーン・エコノミー 脱原発と温暖化対策の経済学
    脱原発に限らない、地球環境問題についての経済学。今までの議論を整理した本。(あまりしっかり読んでいないのです)