「レーニン」おすすめ作品一覧

「レーニン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/05/16更新

ユーザーレビュー

  • 帝国主義論
    社会主義関係の本といえば、マルクスにしろ、エンゲルスにしろ、とても難しくて、とても読みにくい。
    用語が難解なこともあるけれども、なんだかこれらの本には、現代史上の思想的・政治的格闘による怨念がとりついているようで、おどろおどろしいところがある。

    ロシア革命の立役者であるレーニンの書物も、もちろんそ...続きを読む
  • 帝国主義論
    [なれの果てに]ロシア革命において主導的な役割を果たしたウラジーミル・レーニンが、第一次世界大戦中にチューリッヒにおいて脱稿した著作。資本主義が高度に発達すると独占が必然的に起こり、それが即ち帝国主義となることを主張し、社会主義や帝国主義を考えるに当たり大きな影響を与えた作品です。訳者は、身構えるこ...続きを読む
  • 帝国主義論
    当たり前のことを、わかりやすく書いてあります。
    ただ普段分かっているようなことでも、改めて気づかされるということがあります。なるほどそうだったのか!と思わせる文言もあります。

    マルクスの「資本論」が資本主義を徹底解明しているものであると同様、レーニンの「帝国主義論」は資本主義が成熟した帝国主義を徹...続きを読む
  • ワイド版世界の大思想 第3期〈7〉ウェーバー
    版が違うかも。家のは新装版『世界の大思想』3 です。

    けして忘れない。
    「Ich kann nicht anders,Hier stehe Ich…わたしはここに立つ。他になしようがない。」と言う言葉を。
  • 帝国主義論
    この本は今からおよそ百年前に書かれている
    はずなのに、古臭さすら感じません。

    そして、自国が富めるものになるためには
    ただひたすらに外を侵略し、
    そこから金の元を取らなければいけない時代。

    そして富むものたちは…
    そう思うとこの制度って
    今の世界と全然変わりがないじゃないですのん。
    100年近く...続きを読む

特集