さとう史緒の一覧

「さとう史緒」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/08/11更新

ユーザーレビュー

  • 公爵と裏通りの姫君
    トゥルーラブ家の庶子達のシリーズ 「公爵家の籠の鳥」に続く作品です。

    逃げた花嫁を追い、貧民街で暴漢に襲われ重傷を負ったソーンリー公爵とそんな彼を手厚く看病し、あろうことか逃げた花嫁を探す手伝いも頼まれるジリーとの物語です。

    公爵や公爵夫人など貴族達の役割や生活様式等分かりやすくきめ細か...続きを読む
  • 路地裏の伯爵令嬢
    前作の「公爵と裏通りの姫君」でのラビィニアが謎めいていてずっと気になっていました。

    出だしから意表をつき、現在と過去を行ったり来たりしながら、まるでパズルのピースをはめるように物語が進行していきます。

    何度読み返しても、終盤のヴィヴィの悲しみに一緒に涙し、運命に翻弄されながらも前向きに...続きを読む
  • レディ・エミリーの事件帖 折れたアポロ像の鼻
    期待せずに読み始めたら予想外の面白さ!帯だったかに「ジェーンオースチンが書いたダ・ヴィンチ・コード」みたいなことが書いてあったような気がするけど、うんうん、そうかもしれない。でも彼女特有のきまじめさはないかなぁ。そこはそれ、やはり現代の作家さんだものね。
    シリーズが進んでいくにつれて登場人物の考え方...続きを読む
  • 花園物語1
    アーミッシユ、メノナイトのh/hたち 
    心が、洗われる一冊だった
    もちろん、hotシーンなし というか、bird kissもなかった
    家族に、好きな人との経過報告を逐一するヒーローと報告求める家族。おまけに近隣住民の興味津々度合が、そこらの、ど田舎の “壁に耳あり~” 状態より何十倍も濃厚。でもそれ...続きを読む
  • クリスマスの幸せ星
    4.8
    19世紀親子3代のものがたり。
    故郷と家族から離れて医療にたずさわるクリスマスシーズンの話なんだが、どれも嫌味なくらいいいはなし。
    ◾︎英国軍医のウェディング
    トーマスいいやつな!人間臭い描写が大変よい。
    ローラもいじらしい。いいはなし。
    ◾︎赤い髪の聖母
    ◾︎家路の果てに