「麻生太郎」おすすめ作品一覧

「麻生太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/10/14更新

ユーザーレビュー

  • とてつもない日本
    本棚に眠っていたが、2時間くらいで一気に読むことができた。とても面白かった。特に印象に残ったのは、戦前の日本では、東大がトップという感じではなく、官僚になるなら東大、軍人になりたいなら士官学校、教員になりたいなら師範学校、商人になりたいなら商業学校、というように、多様性が確保されていて、なんでもかん...続きを読む
  • とてつもない日本
    元首相の麻生太郎氏が、主に外務大臣をしていたころの経験や知見に基づき、日本人が認識していない日本のすごさを論じている。
    知らないこともあり、いろいろ勉強にもなった。日本人にとっては当たり前の、仕事に対する姿勢が外国人からは驚愕であり(まぁそうだろうな)、また、日本が戦後、支援国になってからあらゆる面...続きを読む
  • とてつもない日本
    「自由と繁栄の弧」
    「価値の外交」
    今日本に求められてる外交は10年経っても変わることではないんですよね。
    隣国は確かに大切ですが全てではない。
    日本は世界から孤立してるという人もいますが所詮限られた隣国とこじれてるだけです。

    日本が今まで築いてきた価値観の共有ができる国とできない国があるのを残念...続きを読む
  • とてつもない日本
    麻生さんへの興味と長く政治活動を続けた人からみた日本の強みを学ぶべく手に取る。

    閉塞感が漂うように感じられる日本について、日本が抱える様々な問題について触れながらもう一度日本の実情について麻生さんが自論を展開している。

    トピックはさまざまであるが一貫して日本の未来について明るく感じられ、
    日本人...続きを読む
  • とてつもない日本
    この本を読んで麻生さんのイメージが大きく変わった。漢字が読めないやらなんやらで良くないイメージを持っていたけど、本書で垣間見せる教養には驚いた。靖国問題や地方自治、格差についての言及も分かりやすく、正直納得できる考えだった。今回のこの本では、「テレビだけで政治家の為人を判断してはいけない」という自分...続きを読む