「国分拓」おすすめ作品一覧

「国分拓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/09/30更新

ユーザーレビュー

  • ヤノマミ
    文明と幸せは比例していないのだ、と感じる。
    幸せって、なんて脆いものなんだろう。
    私たちは幸せになりたくて文明を発達させたのに、全員が幸せになっているとは到底思えないし、逆に必要最低限しか持っていないヤノマミがとても楽しそうに生きていたりする。
    でも私たちの幸せも、ヤノマミの幸せも、実はとても脆い。...続きを読む
  • ヤノマミ
    生まれた赤ちゃんを殺めるお母さんはしんどいだろうな、と思った。
    精霊になってまた返ってきて、次はたくさん抱っこしてもらえるといいな。
  • ヤノマミ
    圧倒的な世界を
    できる限り客観的に
    事実を捉えて
    言葉にしようとした作者の意図が感じられる
    そこにあるのは圧倒的な事実

    あとがきより
    ーヤノマミの世界には、「生も死」も、「聖も俗」も、「暴も愛」も、何もかもが同居していた。剥き出しのまま、ともに同居していた。だが、僕たちの社会はその姿を巧妙に隠す。...続きを読む
  • ヤノマミ
    他の人も書いてたけど「アハフー、アハフー」これに尽きるw 森に生まれて森に還る。それってこういうことか。 圧倒される。
  • ヤノマミ
    テレビの人だから、文章は上手くはないし、学術的な考察があるわけでもない。
    でも、圧倒的な事実。体験。その迫力。
    価値観を揺さぶられる快感。

    「悲しき熱帯」「旅をする木」と来て、この本を読んだ流れは偶然だけど、共通のテーマについて、いろいろ考えた。
    「ニングル」で倉本聰が言った「知らない権利」を思っ...続きを読む