「祖父江孝男」おすすめ作品一覧

「祖父江孝男」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/11/01更新

ユーザーレビュー

  • 文化人類学入門(増補改訂版)
    約30年前の本だが、文化人類学の概観をテーマごとに知ることができる。文化人類学は、(語弊があるかもしれないが)そこから人間の普遍的な有様を描写することができるなと感じた。
  • 文化人類学入門(増補改訂版)
    人間ってほんと面白いよね。この本を読んで、あらためて実感しました。
    「裸体に対する羞恥心は決して衣服の発生原因ではなく、むしろ衣服の存在によって生み出されたものである」とか、シビれます。
    白川郷の合掌造りがなぜあんなに大きかったのかとか、盆踊りはなんのためにあったのかとか、日本人でもあまり知らない「...続きを読む
  • 文化人類学入門(増補改訂版)
    【目次】
    まえがき(一九七九年一一月 祖父江孝男) [i-iii]
    改訂にあたって(一九八九年一二月)[iv-vi]
    目次 [v-ix]

    第一章 文化人類学の世界 002
     文化人類学とはどんな学問か?
     アメリカにおける区分法
     英国における区分法
     ドイツ、オーストラリアの区分法
     日本におけ...続きを読む
  • 文化人類学入門(増補改訂版)
    1980年頃に初版が出版されたため、現在の研究を鑑みると少々変化している部分や新たにもたらされた考え等があるとは思うが、文化人類学についてその成立の歴史から内容に至るまで、大変わかりやすく解説している。まさに入門者にはぴったりの一冊だと思う。
  • 文化人類学入門(増補改訂版)
    文化人類学全体を上手に説明した良書。言語学を含めて、新書1冊で過不足なく、入門書レベルを説明している。少し古いのが何点だが、逆にこの20年の文化人類学がそれほど進んでいないことのためかもしれない。

    第一章 文化人類学の世界
    第二章 人間は文化をもつ
    第三章 文化の進化と伝播
    第四章 経済の技術・生...続きを読む