「松井彰彦」おすすめ作品一覧

「松井彰彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/08/19更新

ユーザーレビュー

  • ルービンシュタイン ゲーム理論の力
    経済学、ゲーム理論は、直接的に何かを予測することに役立つわけではないが、アリエルはその間接的な有用性は否定していないと感じた。
    これは、経済学に限らず、文系科目全般にも言えることだと思う。
  • 高校生からのゲーム理論
    タイトルに「高校生からの」とあるが、「ナッシュ均衡」や「囚人のジレンマ」はP18~27のたった10ページで説明されており、全く知らない人がゲーム理論を体系的に知るのに適しているとは言えない。
    ただしジョークを交えた文体で、読み物としては読みやすい。

    一方、本書のほとんどはゲーム理論の社会への応用で...続きを読む
  • 高校生からのゲーム理論
     いろいろな事例をゲーム理論で考えてみるとどうなるかというのを記しながら、ゲーム理論の基礎の基礎について述べた本。専門用語もそれほど取り上げておらず、ゲーム理論自体についての概説本というよりも、ゲーム理論からいろいろなことを考えてみるもので、この本でゲーム理論の全体像が分かるものではない。
     しかし...続きを読む
  • 高校生からのゲーム理論
    「高校生からの」と言うくらいやさしいゲーム理論の入門書です。とは言え、数学的な話とかは何にも出て来ません。これだけでゲーム理論がわかったりはしません。そうした意味のゲーム理論の入門書は、他にたくさんあります。
    でも、この本のいいところは、人と人の相互的な行為として営まれる社会現象をゲームとしてモデル...続きを読む
  • 高校生からのゲーム理論
    わかりやすいしゲーム理論の幅広さがわかった。読み合う面白さがわかったのでいろいろなことに活用できそう。