「白亜右月」おすすめ作品一覧

「白亜右月」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2015/01/09更新

ユーザーレビュー

  • オイレンシュピーゲル壱 Black & Red & White
    近未来のオーストリアを舞台に児童福祉政策により四肢を機械化された少女たちの戦闘の日々を描くバイオレンスアクション。
    最初聞いた時は「それ何てガンスリ?」だったんですがガンスリとは大分イメージ違います、ある意味対極です。二番煎じの心配なし。

    三人娘の中でも一番純粋純情で熱血肌の黒犬・涼月、
    狙撃の名...続きを読む
  • オイレンシュピーゲル肆 Wag The Dog
    こちらも初読の際にレビューしなかったので再読でレビュー。二つの物語が相互に連携しながら同時進行するストーリーで、電話という手段で言い合う主人公たちの語りが相互の謎に大きく関与し、二つで一つの事件という構図となっているが、これが発展的に次作のテスタメントですべての物語が一つの話という途方もない挑戦に繋...続きを読む
  • オイレンシュピーゲル肆 Wag The Dog
    オイレンシュピーゲル4巻を再読。涼月が機械化された体や自らの境遇に対して持つコンプレックスに、潰されそうになりながらも立ち向かう姿が印象的。テスタメントで、受験によって自らの道を「選択する」ことが涼月にとっていかに重要だったか、4巻を再読してより理解できた。

    涼月と共に行動することになるパトリック...続きを読む
  • オイレンシュピーゲル肆 Wag The Dog
    特甲猟兵の登場によって、戦闘が半端無く過激になり特甲児童の内面に更に迫る巻。小隊メンバーそれぞれが現状を受け入れて精神面での成長を果たす姿も素晴らしく、それを支えるミハエルとパトリックがまたかっこいいです。あと陽炎の行動と内面のギャップも見ていて面白いです。そしてスプライトとの結びつき、特に涼月と鳳...続きを読む
  • オイレンシュピーゲル肆 Wag The Dog
    実は、『なーんか世界とか救いてえ』というセリフで読むのを避けていたが、オレインの参・肆を読み終えたときそのセリフが理にかなったもので、理解できる感情になったと思えたときは思わず感動してしまった。食わずぎらいしないでもっとはやく読めばよかった。

特集