「スティーブ・ハミルトン」おすすめ作品一覧

「スティーブ・ハミルトン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/09/06更新

ユーザーレビュー

  • 氷の闇を越えて〔新版〕
    叩きつぶすのではなく、ほかの人間に譲りわたすことによって恐怖から解放されたアレックス・マクナイト。
    メイヴン所長その他の登場人物との掛け合いも抜群。

    P. 143の意味がわからない。
    「ローズ」
    「ファースト・ネームのほうはわからずじまいか」
    「マクシミリアンです。公判のときにわかりました」
    「マ...続きを読む
  • 氷の闇を越えて〔新版〕
    久々に読んだハードボイルド。
    なんとなく犯人は途中で気づいちゃいましたけど。
    やっぱりな とか思ってしまった。
    解錠師の話の方がワタシ的には好みです。

    とかなんとかいいながら、現在手に入りにくくなってる2作、3作目も、いい味だしてた登場人物が絡んでくるようなので、読んでみたいなぁ。
    古本屋さんにい...続きを読む
  • 氷の闇を越えて〔新版〕
    撃たれて傷を負い警官を辞めた駆け出し私立探偵マクナイト。
    夜中に死体を見つけた親友に呼び出された後、自分を撃ち今は刑務所にいる男から脅迫めいた手紙を受け取る…。

    ミステリ部分は想像の範囲内。
    最初の殺人の手口も謎を含んでいるような書き方をしていながら、結局そこには手を伸ばせず。
    色々荒いところはあ...続きを読む
  • 氷の闇を越えて〔新版〕
    大都市ではなく小さな地方都市を舞台にした正統派ハードボイルド。解かりやすい人物造形と簡潔で展開の早いストーリーも好感が持てるが、背景にあった真実は意外でありながら凡庸な感じがしてならない。
  • 氷の闇を越えて〔新版〕
    謎が解明されたと思ったら、実はその謎はフェイクだった・・・ということが数回あり、一筋縄ではいかないところが面白かったです。

    ただ、この本はシリーズ一作目ということもあるのか、親友がどうして親友になったのか、その親友の妻との情事はどのように始まって、そのことで親友との間はどう変化したのか、もしくは変...続きを読む