上山道郎の一覧

「上山道郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:上山道郎(ウエヤマミチロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1970年05月14日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:マンガ家

1990年『怪奇警察PSY-POLICE』でデビュー。『電脳探偵K-13』で第28回小学館新人コミック大賞に入賞。『機獣新世紀ZOIDS』、『ツマヌダ格闘街』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/10/19更新

ユーザーレビュー

  • 新装版 機獣新世紀 ZOIDS【電子限定特典付】(1)
    ※後日加筆修正予定



    20年の時を経て、遂に復活した「上山ゾイド」。
    あの頃の興奮が蘇ること間違い無しである。

    特に、ライバルであるレイヴンとの最初の決着回は、この復刻版1巻前半のヤマ場であろう。

    当時、この回が掲載されたのは夏休みの真っ只中であった。(コロコロコミック99年9月号)

    現在...続きを読む
  • 怪奇警察サイポリス(1)

    面白い

    小学生のとか読んで凄く影響を受けました!
    今となってはありきたりの内容かもしれませんが、当時の衝撃は凄かったです^_^
  • オニヒメ(3)

    解せん

    今の時代、確かに競争力も必要だろうが、出版自体が変容しているのだ。
    旧態に居着かず、ニッチなニーズを貪欲にかき集めねば、出版社は生き残れないと知るべし。

    先生には、是非とも媒体に縛られず、この世界を紡ぎつづけていただきたいと思います。
    ファイト!
  • ツマヌダ格闘街(1)

    作品はとても良い

    作品はとても良いのだが、見開きページの合わせのズレが残念。
    続巻の後半はズレが無くなっているので、再スキャンしてほしいというのが本音。
    これは出版社の姿勢を問われると思う。
  • ツマヌダ格闘街(14)
    2人の間柄の現状が師弟愛と男女の愛情どっちの占有率が高くなっているのか気になってきました。鷹羽君の過去と天才性も明らかになり、戦いはさらなる佳境へ