飯塚訓の一覧

「飯塚訓」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/01/05更新

ユーザーレビュー

  • 新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便
    日航機墜落事故の遺体安置所での壮絶な4ヶ月を指揮した刑事官のルポ。凄惨な遺体の数々、過酷な遺族対応、不眠不休で遺体の清拭や身元確認にあたる現場のスタッフたち。あまりに過酷な状況下で遺体の前で無意識に小躍りを始める検屍医やなかなか身元が判明しない少女の頭部を毎夜大事に抱えて話しかける刑事など、途方もな...続きを読む
  • 新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便
    悲惨すぎる。初めて読んだ類で難しい言葉も出てくるが、興味引かれる内容。突然の飛行機事故。被害者、遺族の無念の想いは計り知れない。
    日本と海外の思想の違いが遺体の扱いによってわかると書いてあったが、自分は完全に日本型とおもった。遺族の遺体はやっぱり持ち帰りたいだろう。
    愛する人に看取られるということは...続きを読む
  • 新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便
    何年経っても忘れられない衝撃の事件が日航機墜落事故だ。
    山肌から立ち上る白煙、生存者の救出、黒焦げの木々、、、
    悲惨な墜落現場ばかり地獄絵図として取り上げられているが、もう一つの地獄絵図が体育館にあった。
    猛暑、たちこめる悪臭、遺族の嘆きや叫び、怒りに満ちた空間。
    そんな中で、犠牲者の身元確認班長を...続きを読む
  • 新装版 墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便
    1985年8月12日、今から30年前に、群馬県の御巣鷹山に日本航空123便(羽田発伊丹行)が墜落し、乗員乗客524名のうち520名が亡くなった。本書は、その現場で遺体の身元確認の責任者を務めた群馬県警高崎署刑事官(当時)による、127日間の壮絶な記録である。
    著者が警察官を退官後執筆し、1998年に...続きを読む
  • 新装版 墜落現場 遺された人たち 御巣鷹山、日航機123便の真実

    命の重みを受け止める

    「墜落遺体」のその後をたどるドキュメンタリータッチの作品。未曽有の航空機事故が社会や人間にどんな影響を与えたのかを知る上で貴重な記録である。事故から35年(!)が経った今日、事故の風化への懸念が示されているが、一概に事故の風化をとらえるべきではないと感じた。航空会社や警察・自衛隊、医療機関などではこ...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!