「甲田純生」おすすめ作品一覧

【甲田純生】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/09/20更新

ユーザーレビュー

  • 1日で学び直す哲学~常識を打ち破る思考力をつける~
    ≪内容紹介≫
    高校の授業で少しはかじったものの、哲学をきちんと学んでこなかった人は多いことでしょう。
    でも、大人の教養として、好きな哲学者を一人くらいは言えるようになりたいもの。
    真なる知を求めて、死刑をも恐れなかったソクラテス、保証されたエリートコースを辞し、
    アカデメイアを設立したプラトン、数の...続きを読む
  • 1日で学び直す哲学~常識を打ち破る思考力をつける~
    本当は、別の本を購入目的だったのですが、その本の横にあったこちらをチョイス。(著者の方、申し訳ありません)
    前から哲学に関心があったのですが、難解だろうという先入観があり、なかなか手がだせなかったのですが、"はじめに"を一読し、この本なら何とかなるかなと購入。
    タイトルの様に、学び直すレベルどころか...続きを読む
  • 1日で学び直す哲学~常識を打ち破る思考力をつける~
    哲学史の大きな流れに配慮しながら、哲学のエッセンスと面白さを伝えるというコンセプトの本。「哲学は思考のラディカリズム(常識的な物の見方を覆す、物事をその根本から考え抜く)である」という大きな軸となる考え方のもと、ピタゴラス、ソクラテス、プラトン、アリストテレス、デカルト、カント、ヘーゲル、ハイデッガ...続きを読む
  • 1日で学び直す哲学~常識を打ち破る思考力をつける~
    主に8人の哲学者の思考を紡ぐことで、哲学のエッセンスと面白さを
    コンパクトに紹介してくれる。
    哲学が「思考のラディカリズム」であることは分かりやすいが、それ自体が哲学の難しさというか理解不能さを表しているように感じた。
    ピタゴラスから思考のモチーフを取り出し、ソクラテス、プラトン、アリストテレスから...続きを読む
  • 1日で学び直す哲学~常識を打ち破る思考力をつける~
    抽象と具体を駆使しながら、哲学をたどる本書。哲学をほとんど知らない私でも考えながら読むことができた。哲学なので概念が多く、消化不良を起こしてしまいそうだが、幾度か読んで理解に努めたい。入門書としてよいと思う。