「馬淵澄夫」おすすめ作品一覧

「馬淵澄夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2013/07/26更新

ユーザーレビュー

  • 原発と政治のリアリズム
    震災から3年が近づく頃に本屋で目の付くところに置かれており、著者とも縁があったため購入してみました。震災発生後、総理補佐官として原発事故対応をされてた著者。当時の事故対応や原発そのものに対して各々が様々な意見を持っていると思いますが、あの時、あの場所で何が起こっていたのかを知る上で、著者自身の体験・...続きを読む
  • 原発と政治のリアリズム
    リアリズム、戦略的思考、マネジメント力。それを持ち合わせていた馬淵さんがいたからこそ、今、何とか福島第一は最悪の事態を回避できているのではないか。それに泥を塗る野田の収束宣言。馬淵さんの思いはいかばかりか?彼にこそ、首相になってほしかった。
  • 原発と政治のリアリズム
    原発のことをちゃんと知ったのはもしかしたら初めてかもしれないと思った本だった。
    東日本大震災が起こった。でもわたしは遠い関西に住んでて所詮他人事だったのだ。
    昨年初めて東北の人と関わることがあり、それからやっと東日本大震災、原発などについて興味を持ったり調べるようになった。だけどやっぱりでもまだ他人...続きを読む
  • 原発と政治のリアリズム
     原発の問題について、リアリズムとマネジメントの視点から当時の状況を振り返っている。政治家は与野党問わず、震災時の対応を本に纏める必要があるだろう。そうでなければ、未来の政治家に教訓として遺すことができまい。

     リアリズムやマネジメントの視点を重視する氏だが、何か新しい視点というわけでもない。旧来...続きを読む