大澤晶の一覧

「大澤晶」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/04/12更新

ユーザーレビュー

  • 最上階の殺人
    中盤辺りから「神作品では?」と意識し始める。ハードルを上げすぎると、いいことはないだが。
    本を閉じた瞬間「紛れもない神作品であった」そう思える満足感でみたされた。

    マンションの最上階で起きた強盗殺人。名探偵シェリンガムは、警察に依頼されたわけではなく『警察のお仕事体験』といわんばかりのお客様ぶり。...続きを読む
  • 最上階の殺人
    著者の『地下室の殺人』を読んだ勢いで、翌日に一気読み。刊行は、『最上階の殺人』のほうが一年早いよう。
    『地下室』はモーズビー主任警部を中心とした警察小説の印象なのに対し、『最上階』はシェリンガムの個人的な調査を描いた探偵小説。タイトル・内容ともに対称的。

    この作品単体でみると、キャラクターの魅力が...続きを読む
  • 最上階の殺人
    一見地味な事件が実は天才的犯罪者による巧緻を極めた事件というのはよくあるパターンなんだけど、これも最後まではそういう雰囲気をかもしだしつつ最後には見事な肩透かしを食らわせられる。それがまた気持ちいい!相変わらずな迷探偵っぷり。今回シェリンガムに視点が固定されていてその思考過程や捜査が語られて純粋に近...続きを読む
  • 最上階の殺人
    中盤からラストに向けての展開、ツイストの効かせっぷりがお見事。アパートの各部屋の住人のえがき分けから素人探偵のオリジナリティ溢れる捜査っぷり、美人と認めながら「でも惹かれない」と断言するシェリンガムと秘書ステラの駆け引きも面白く、探偵小説でありながらロマンス小説に英国コメディといった複数要素が楽しめ...続きを読む
  • 花嫁の孤独
    ふたりともかわいい
    しかしお互いに、相手の愛情を確かめないと気持ちを告げたくないと考えてるのは、ズルいよね