「荻野真」おすすめ作品一覧

「荻野真」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:荻野真(オギノマコト)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:マンガ家

岐阜県立恵那高等学校卒。1985年『孔雀王』でデビュー、同作はOVA化、実写映画化もされた。作品に『ALGO』、『拳銃神』などがある。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/11/27更新

ユーザーレビュー

  • 孔雀王ライジング(5)
    シリーズに欠かせないヒロインキャラ・アシュラがここに来て漸く登場。塗仏は京極作品を輸入したのだろうか。六道衆ならぬ六道会の名も見え、いよいよ無印とのリンクが深まっていくのが旧作ファンには堪らない。
  • 孔雀王ライジング(6)
    この巻で特筆すべきはやはり六道衆を思わせる〈六道会〉の真の目的と、裏高野に戻ってきた血気盛んな次期座主・日光の過激な戦略だろう。闇曼荼羅は無印時代にも出てきた重要ワード。正統の続編たる『戦国絵巻』よりもこちらのほうが過去作との関連が強いのは、前史であることの強みだろうか。ただ、そうなると無印の孔雀は...続きを読む
  • 孔雀王 戦国転生(1)
    並行して連載中の「孔雀王ライジング」が前史・外伝的位置づけであるのに対し、こちらはなんと曲神紀の正統な続編とのこと。時は戦国、顎髭を蓄えた壮年退魔師・孔雀が向かう先には、長髪の美男子・信長に大猿と見紛うばかりの秀吉、更には吸血鬼と化した家康と、名立たる戦国武将が惜しげもなく登場し、行動を共にすること...続きを読む
  • 孔雀王ライジング(3)
    無印時代の倶摩羅と孔雀は初対面っぽかったんで、話がうまくつながるとは思えないが、無印からの読者には嬉しいキャスティング。いずれ六道衆も出てくるんだろうなあ……
  • 孔雀王 戦国転生(1)
    孔雀王ライジングで孔雀王と言いながらパラレルワールドのようになっていたのだけど、これは正統派孔雀王の続編の位置づけのようで、今後の展開も楽しみ。キッチリと物語をつなげることが出来るのか、信長と秀吉の造形の時点で無理っぽいけど、これはこれで楽しみに読めますね

特集