「米国国家情報会議」おすすめ作品一覧

「米国国家情報会議」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:米国国家情報会議(ベイコクコッカジョウホウカイギ)
  • 出身地:日本

アメリカのインテリジェンス・コミュニティー、戦略的視点に基づいて中・長期的な分析や予測を行なっているNational Intelligence Councilという組織。向こう15~20年ほどの間に起こるであろう世界的な動きや変化を予測した『Global Trends』というレポートが、おおむね4年ごとに作成されている。最新版である『Global Trends 2030』。日本版は『2030年世界はこう変わる―アメリカ情報機関が分析した17年後の未来』。

作品一覧

2013/06/28更新

ユーザーレビュー

  • 2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
    予測では、寂しいことに日本は衰退の一途を辿り表舞台から消える。三流国にさせないのは、私たち一人一人でしかない。
  • 2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
    ・米国国家情報会議の作成した近未来のトレンド分析
    ・大統領選に合わせ、4年1回作成される。新大統領はこのレポートディープ版で、国家戦略を練るとこと。
    ・メガトレンドは、以下の4っつ
    (1)個人の力の増大
    貧困層の縮小 
    地域の政治・宗教・文化的伝統とグローバルスタンダードとしての西洋的価値観の対立
    ...続きを読む
  • 2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
    色々な情報が描かれている。
    特に4つのケースについては、興味深かった。
    また、インドのことがたくさん記述されている点に驚きを感じた。
    それに引き換え、日本の記述はとても少なかった。
  • 2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
    本著は米国大統領が就任する際に渡される中長期的に考慮すべき事項、シナリオをコンパクトに整理したもの。
    米国国家情報会議という公式な諮問機関が作成している。
    冒頭に立花隆が本著の読み方を紹介しているが、この部分が最も大切なところかもしれない。本著の意義を理解することも含めて。
    世の中の動きがある意味で...続きを読む
  • 2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」
    アメリカでは数年に一度、国家として世界のトレンドを調査してレポートを発表している。
    今後、世界の潮流はどのように変化していくのか。
    自分の今後の人生計画をたてる上で、頭にいれておくのには参考になる。
    内容としても細かいデータに走るのではなく、簡潔にポイントがかかれておりちょうどよい分量。