ジョン・ケイの一覧

「ジョン・ケイ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/08/09更新

ユーザーレビュー

  • 金融に未来はあるか―――ウォール街、シティが認めたくなかった意外な真実
    金融業界に属する身としては耳が痛く、襟を正すべき本。金融に夢を抱く人は読まないほうが良いでしょう。著者の示す金融の未来像(ナローバンクと専門金融機関?)は、まさに日本の過去の姿であり、なんとも言えない気持ちになります。
  • 世界最強のエコノミストが教える お金を増やす一番知的なやり方―――賢明なる投資家のためのパーソナル・ファイナンス読本
    イギリスの財政政策のメンバーだった著者。証券市場の改革にも携わった大物。日本の金融庁にも大きな影響を与えた。
    手堅い投資家とは、ファンドマネージャーのいいなりで多くの手数料を払っている人物。賢明なる投資家とは 始めは、個別株から入るのではなくファンドから入った方がリスクが小さい。出費(手数料)を抑...続きを読む
  • 金融に未来はあるか―――ウォール街、シティが認めたくなかった意外な真実
    日本の金融行政にも影響を与えている英国人の教授によって書かれた本で、金融業界の問題点を鋭く指摘している。金融化が行き過ぎ、実体経済から離れて巨大化し複雑化したことを特に問題視している。それが非常に悪い形で示されたのが2008年の金融危機だが、「リーマンはシステム上で重要な金融機関であったかもしれない...続きを読む
  • 世界最強のエコノミストが教える お金を増やす一番知的なやり方―――賢明なる投資家のためのパーソナル・ファイナンス読本
    2019年87冊目。満足度★★★★☆ 学者らしからぬ内容で好感が持てる。英国人らしいユーモアも良い。
  • 金融に未来はあるか―――ウォール街、シティが認めたくなかった意外な真実
    LSE教授にしてガバナンス論の権威による、金融の本質を問う本。端的に言って激烈な批判本。

    原題は”Other People‘s Money”、「他人のカネ」。これともうひとつの引用、「そのころには俺もお前もいない」、この二つで事実上本書は要約できてしまう。

    昔はそれなりに企業の目利き、という地味...続きを読む