「有馬哲夫」おすすめ作品一覧

「有馬哲夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/09/22更新

ユーザーレビュー

  • ディズニーの魔法
    読みやすく、わかりやすい、ディズニー好きはぜひ読んでおきたい新書。決してマニア向け書籍ではなく、ディズニーの長編アニメを見たことがある人にさっと読んでもらいたい。

    昔ながらの「童話」をアニメにしてきたディズニー。そのもともとの「童話」と「ディズニーアニメーション」の違いを見直すことで、ディズニーが...続きを読む
  • 児玉誉士夫 巨魁の昭和史
    かつての日本人はアメリカを強かに利用する狡賢さがあった。もし、そのずる賢い日本人が負ける時があるなら、それは自らが敗れたのではなく周りの裏切りにより敗れたのだ。児玉もアメリカに尻尾を振る政治家、官僚、財界人、マスゴミにより貶められ敗れた。ロッキード事件前に倒れていたというが穿ってみれば一服盛られたの...続きを読む
  • 児玉誉士夫 巨魁の昭和史

    戦後昭和史の闇

    有馬教授の仕事にはいつも敬服します。本作もこれまで謎に包まれていた児玉誉士夫という人物の輪郭をかなり明瞭に描いていて勉強になりました。そして岸信介をはじめ戦後の政治のほとんどがアメリカからもたらされる秘密のカネによって動かされているという事実に驚愕します。
    そして本書で有馬教授は児玉誉士夫を通じて...続きを読む
  • ディズニーの魔法
     新書は難しそうだし 苦手意識が
     高かったのですが、今回興味のある
     ディズニ-アニメ-ションについての
     お話だったので楽しく読めました。

     原作のお話をどのように、
     ディズニ-の魔法で愛のある物語に
     かえたのか そしてそれが何故今や
     原作よりもメジャ-になっているのか。

     読み進めて...続きを読む
  • 原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史―
    フクシマ論の中で、「原子力の父」とされる正力松太郎についての引用がいくつかあり、原発導入の経緯、歴史的背景に興味があり読んでみました。
    歴史には、興味がある方なのですが、戦後の近代日本史をあまりに知らない自分に驚いたと共に面白さにも驚きました。
    国、企業、組織、人の腹の探り合い、駆け引き、筆者も言っ...続きを読む