久保博司の一覧

「久保博司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/01/16更新

ユーザーレビュー

  • 誤認逮捕 冤罪は、ここから始まる
    実際の冤罪の事例も掲載されていてわかりやすいが、恐怖も覚える。
    以下、本書で気になったところのまとめ。

    警察のノルマのために、軽犯罪法で検挙する。
    銃刀法にも違反しない小さなナイフ(刃渡り6センチ以下)でも、職質で所持の理由を聞かれ「護身用」だと答えたら即、検挙されるらしい。狩り場は秋葉原。

    ...続きを読む
  • 誤認逮捕 冤罪は、ここから始まる
    文字通り、誤認逮捕について語った一冊。

    主に警察側からの視点だったが、誤認逮捕の恐ろしさを改めて感じた。
  • 誤認逮捕 冤罪は、ここから始まる
    久保博司『誤認逮捕』(幻冬舎新書)は日本の警察の誤認逮捕を取り上げる。誤認逮捕の事例が豊富である。日本の警察は誤認逮捕だらけとの印象を受ける。初歩的なミスで誤認逮捕が起きている。民間企業では一般化している業務遂行者と承認者の権限や職責の分離ができていない。そのために犯人と決め付けた見込み捜査が突っ走...続きを読む
  • 詐欺師のすべて あなたの財産、狙われてます
    真の詐欺師は、詐欺師と自分では、思っていない。
    そうでないと詐欺はできない。
    ということが、よくわかった。
    詐欺の15条は、実に参考となる。
    これを読んでいると詐欺師へのススメのようだ。

    「保険は 「売られる商品 」であって 「買われる商品 」ではないというのが保険業界の常識である 。」
    保険の本...続きを読む
  • 誤認逮捕 冤罪は、ここから始まる
    誤認逮捕の羅列に終わってるような印象が強い。
    途中でだらけてくる。
    最後に少し足利事件を継ぎ足しみたいに書いてる。
    著者の思いが伝わってこない。