日本警察の不幸(小学館文庫)

日本警察の不幸(小学館文庫)

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

キャリア制度の問題点は言うにおよばず、その信頼度すら根底から崩れようとしている日本の警察。しかし、連続する不祥事を表面的に眺めているだけでは、この組織の不幸な特殊性はわからない。覚醒剤事件もみ消しを命じた神奈川県警本部長には、最初からその意図があったのか。著者独自の取材網から得た内部証言を基に、経過を子細にたどると、「責任回避」「上司の意図を忖度する」といった警察組織独自の性質が浮かび上がる。建設的提言を行う評論文にして、国民が日々接する警察の本当の姿を描いたノンフィクション作品。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2015年01月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

日本警察の不幸(小学館文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

小学館文庫 の最新刊

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング