「佐々木博之」おすすめ作品一覧

「佐々木博之」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2011/04/01更新

ユーザーレビュー

  • 洋平へ 君の生きた20年と、家族の物語
    普通とは、何か。障害も個性。一番であることにだけ、価値があるのではない。それぞれの個性を見よう。

    強い心はもっと強い風が吹けば折れる。強い風でも折れない、しなやかな心を持ってほしい。
    それは多くの個性を受け入れることからはじまる。

    また、この本で親の無償の愛情を再確認。
  • 洋平へ 君の生きた20年と、家族の物語
    長男洋平は重度心身障害、二男は高機能性自閉症、三男は智恵遅れを伴う重度自閉症。

    ”親亡き後、ダイや航は旅行を楽しむことはできるだろうか。一生この子たちが困らないお金を残してやることはできないけれど、どんななかにも楽しみを見つける力はつけてやろう。”
    という著者。
    ”「ダイくんはなんの問題もない」...続きを読む
  • 洋平へ 君の生きた20年と、家族の物語
    長男洋平くんは、最重度の心身障害。
    次男ダイくんは、高機能自閉症(アスペルガー)。
    三男航くんは、知的遅れのある自閉症。

    三人三様の障害がある子どもを持つ佐々木夫妻。
    親としては、「なぜ、うちの子が?」という思いに苦しみ続けることでしょう。
    「なぜ、他の子とちがうのか」「なぜ、他の子のようにできな...続きを読む
  • 洋平へ 君の生きた20年と、家族の物語
    長男、寝たきりの障害者、次男、高機能自閉症、三男、重度の自閉症。そんな三人の子育てを語るエッセイ。
    さん さん さん、はまだ読んでいませんが、こちらも とても判り易い話です。
    おもて表紙・裏表紙にある お父さんから洋平くんへの手紙は
    人のいない場所でよむべきです。もちろん中身も。
  • 洋平へ 君の生きた20年と、家族の物語
     前回読んだ三人の障害児を育てているお母さんのエッセイ本の二冊目です。
    お父さんのすごく暖かい文章も掲載されていて、これにも心打たれました。
    前作を読んだときにも感じたことなのですが、
    すごくユーモアに溢れた文章なんです。
    子供さん一人一人の生活の中でのエピソードを交えて、楽しく書いてある。
    でも読...続きを読む