大山眞人の一覧

「大山眞人」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/17更新

ユーザーレビュー

  • 親を棄てる子どもたち
     著者の見聞と体験から書かれた本書。

     幾つかの事例と自身の介護体験から成る。

     結局の所、老人の比率があまりにも高くなり過ぎた故にキャパシティ(容量)を越えてしまったのだろう。

     巻末「おわり」の「子に親を看る能力が失われてしまった」には完全に同意である。
  • 親を棄てる子どもたち
    オレオレ詐欺の背景がこんなにも無情かと堪らない気持ちになった。
    様々な老いと取り巻く家族の形。
    姥捨山と言う言い伝えの現代版を地域が作り明るく老いて行ける社会は決して理想ではない。
    実現可能な事である。
  • 騙されたがる人たち 善人で身勝手なあなたへ
    読みやすい本です。「振り込め詐欺」「恋人商法」などの10種類の詐欺を実際の事件を例にして説明しています。騙される時の心理状態は、「信じたい」→「ホンモノだといい」→「ホンモノだ」となっていくそうです。パチンコをしていて、あと千円でかかって欲しい→かかるだろうか→かかるかもしれない→かかるとなる感じだ...続きを読む