「朝戸まり」おすすめ作品一覧

【朝戸まり】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:朝戸まり(アサトマリ)

『シンデレラの嘆き 愛と継承のはざまで I 』(ルーシー モンロー)、『赤い薔薇とキス』(ベティ ニールズ)などの作品で翻訳を手がける。

作品一覧

2017/04/04更新

ユーザーレビュー

  • 恋人たちが帰る場所 グレンモアに吹く風 III
    平凡な容姿、きまじめさを象徴する眼鏡、本が友達だった高校時代。島の診療所で働く看護師フローラは、かつて島いちばんのお堅い優等生だった。医師が一人辞めて大忙しの診療所に優秀な代診医が来ると聞き、ほっとしたのもつかの間、やがて診療所に姿を現したのはかつて島いちばんの不良と言われたコナー・マクニールだった...続きを読む
  • ハーレクイン・ロマンスセット 6

    ハーレクイン.ロマンスセット6

    知らない国でのロマンスにあこがれます。お金をかけられないので割引きのときにセットを購入しています。
  • カリアキスの秘密の跡継ぎ
    イマージュっぽいR
    だけど、あまり必然性なくホットシーンが…
    必然性ないどころかこの心理状態でなぜ?というレベル。
    それ以外は良かったのでおまけで☆4
    弟の話は12月に出て、兄の話もありそうな終わり方だったけど、シリーズとして出版はしてないのね。
  • 白薔薇に秘めた想い 7つの愛の罪 VII
    イタいヒロイン。
    出だしでダメなやつかなって思ったけど、いい感じに読み進んんで行ったので、そこで作者を見たら、なるほどサラ・クレイブン。
    結果面白かった。
  • 愛人以下の花嫁 7つの愛の罪 II
    面白く読めました。

    私の好きな砂漠のシークものです。
    ヒロインのファーンは母子家庭で育ったが、母親から「色欲は罪」だと教えられて育ってきた。
    そんな彼女が母の死後、砂漠の国王の幼い娘たち二人の家庭教師として雇われることになる。
    娘たちはファーンにとても懐いていて、国王の妻アミネにも信頼され、親しい...続きを読む

特集