「有沢まみず」おすすめ作品一覧

「有沢まみず」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/03/19更新

ユーザーレビュー

  • 銀色ふわり
    こういうディストピアめいた小説はラノベだと特によくあるけれど、話の設定上登場人物がどうしても少なくなる分感情や風景の描写が練りこまれている作品が多くて好き。この本も後半のシーンにはとても心を動かされた。続きが読みたいけど出ていないみたいなのよね……。
  • 神のみぞ知るセカイ 神と悪魔と天使
    ストーリーを書いてる人は原作と違うのですが、あんまり問題ないと思います。
    マンガとは違う面白さがありますね。
  • 銀色ふわり
    文:有沢 まみず
    イラスト:笛


    レンズを介してか見ることができず,スピーカーを通してしか会話もできず,触れることは叶わない種として生まれた少女「イエスタデー」
    その少女を唯一知覚し触れ合うことができる少年「安住春道」
    二人は出逢い,それぞれの孤独を知ることで生まれる絆の物語.
  • 銀色ふわり
     誰にも見えない、誰も見ることが出来ない、そんな少女と唯一その少女の姿を見ることが出来た少年。
     そんな二人のとても優しくて切なくて温かい、そんなお話。
  • ラッキーチャンス!3
    福の神キチに最強のライバル登場。
    彼女は「スカンジナビアの魔人」「雪と氷の輪舞」、白蛇の化身・トト
    サモン=時次郎の召還に応じた彼女が珍しく求めた対価は、雅人と会うこと。どうやらトトも雅人がお気に入りの模様。
    キチの憩いのスペースにあっさりと割って入り、あまつさえ雅人にゴロゴロ甘えてくる様に、キチも...続きを読む

特集