志賀貢の一覧

「志賀貢」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/09/04更新

ユーザーレビュー

  • 臨終、ここだけの話 現場で見つめた、患者と家族の事情

    わかりやすく読みやすいです

    絶対に避けて通れない臨終 介護や医療の現場の重たくなる話なのに スラスラと読みやすかったです。重い話は心がしんどくなるのですが 現実を丁寧に描かれていて 勉強になりました。自分ならばどうなるのか?親や子ならばどう対応すれば悔いが残らないのか?今から考えておくのは大事かと思います。買って良かったです。
  • 知的性生活 医師が教える大人の性の新常識
    文字通り性生活を知的にするためのもの。

    特筆すべき内容はなかったものの、読みやすくてためになった。
  • 医者はジェネリックを飲まない
    本書の帯、裏表紙側にある「『薬を変えてください!」その日、看護師長は私に叫んだ・・・・・・」について、補足させてください。
    確かに本文中、この内容が含まれる一節があるにはあります。しかしそれは、ジェネリック医薬品を先発品に変えてください、という文脈ではありません。様態が急変した患者に対しもっと効果の...続きを読む
  • 臨終医のないしょ話
    どうにも生活できなくなったら、救急病院の入り口で行き倒れを装い、倒れましょう。記憶喪失を装い、何も答えずいれば、役所の人が来て生活保護を受けられるよう取り計らってくれるでしょう。
    をこのドクターがたとえ話として公演したら、実際に行った人がいたとのこと。
    覚えておこう。
  • 臨終医のないしょ話
    ソープランドで別れた妻に出会う云々の話は衝撃でした。
    自分がもし末期ガンとなったら激痛に耐えて何日か長生きするより例え死期が早まっても迷わずモルヒネを選びたい。