「内藤淳」おすすめ作品一覧

「内藤淳」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2014/07/18更新

ユーザーレビュー

  • 進化倫理学入門~「利己的」なのが結局、正しい~
    これは最近読んだ中でベストの一冊。
    これぞ学問。

    なぜ「人は嘘をついてはいけない」と子どもに教えるのか
    なぜ人は寄付やボランティアをするのか

    一見取っつきにくい道徳倫理の疑問を人間行動進化学とそれに基づく進化倫理学の観点から
    誰にでも分かりやすく解説してくれる一冊。
    「道徳や善悪は、利害損得以外...続きを読む
  • 進化倫理学入門~「利己的」なのが結局、正しい~
    とても、興味深い話であった。
    何が、「快」「不快」を後天的に決められることが、特に興味を持った.

    【重要箇所抜粋】
    進化論は弱肉強食ではない。
    「環境への適応」である。
    ex) 昨日まで、相撲で競争していた者同士が今日からは将棋で競争することになったというような状況が進化では常に起こる。

    劣った...続きを読む
  • 進化倫理学入門~「利己的」なのが結局、正しい~
     道徳や善悪の起原を進化に求める考え方を平易に解説。メタ倫理学では道徳の基準について客観説,主観説が対立。進化倫理学では要するに「情けは人のためならず」が倫理・道徳の根拠だとする。
     それぞれの生物種において,生存・繁殖にプラスとなる特徴が子孫に受け継がれて広まっていく,というのが進化の基本的仕組み...続きを読む
  • 進化倫理学入門~「利己的」なのが結局、正しい~
    進化倫理学とは何かがわからな買った自分にはわかりやすい本だった。「感情」とか「欲望」というもの、すべて「道徳」へと結びつくのだということが分かった。結局、道徳というのは、人間の生物的生存というより、自己利益の確保のためのもの(もともと備えたもの?)だという説明はおもしろかった。
  • 進化倫理学入門~「利己的」なのが結局、正しい~
    「愛情は人間が進化の過程で備わった感情だ」

    すごい名言。月9の決め台詞に使えるな。
    ここで「進化」について突っ込まなければ。

    脳の発達に関しても進化の一部と言う考えが、新鮮でした。
    考えてみれば、そこにも進化の法則が当てはまるのは
    当然と言えば当然なんですが。

    内容は全てが利己的な...続きを読む