石黒達昌の作品一覧

「石黒達昌」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2021/08/18更新

ユーザーレビュー

  • 日本SFの臨界点 石黒達昌 冬至草/雪女
    中級クラスな難解SFに属すると思うが「ALICE」が個人的に好きだ。
    出版社の都合で、このような実力のある作家を埋もれさせる現状は本当にやるせない。
  • 日本SFの臨界点 石黒達昌 冬至草/雪女
     この本を読むまで、作者のお名前を存じ上げなかった。解説およびあとがきを読むと、長編は1作もなく中短編が30ほど発表されているらしい。作品の多くは文芸誌に掲載され、芥川賞の候補に3度なってる。SF寄りの作品が多く、東京大学医学部出身ということもあって、安部公房を彷彿させる。

     この「日本SFの臨界...続きを読む
  • 日本SFの臨界点 石黒達昌 冬至草/雪女
    昨年の10月に既に読み終わっていたのだが、登録忘れに気が付いて慌ててレビューを追加した。

    前回の小田雅久仁に引き続く新たな作家との出会い、これは単なる読書の楽しさだけでなく、遥か昔に感動したSFに対する記憶・共感を呼び起こしてくれる。その点では「日本SFの臨界点」と称して新しく企画してくれた伴名練...続きを読む
  • 日本SFの臨界点 石黒達昌 冬至草/雪女
    書評につられて久々にSFモノを読んだ。グイグイ引き込まれて密度が濃く、短編でちょうどよい。
    希望ホヤ、平成3年~が良かった。
  • 日本SFの臨界点 石黒達昌 冬至草/雪女
    いやはや、まさか石黒達昌まとめ読みチャンスとは。
    この中やと「王様はどのようにして〜」はちょっと好みと違うかな。これは石黒達昌でなくても良くね?と言うか。
    「希望ホヤ」「冬至草」あたりは石黒達昌本線バチバチ。これが読みたかったし、石黒達昌でしか読まれへん。
    「或る一日」は宮内悠介「ヨハネスブルクの天...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!