三田哉の一覧

「三田哉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/02/23更新

ユーザーレビュー

  • デリバティブズ・ビジネスI
    "デリバティブズの代表的な取引として真っ先に思いつくものは金利のスワップだと思うのだが"の書き出しで始まる本。
    図表が多く、視覚的に理解できるように書かれてありとても親切。
    ブラック・ショールズ・モデルについての説明がとてもわかりやすい。
  • 証券会社の「儲け」の構造
    公募による新旧株アービトラージ(の問題点)や
    グリーンシューオプション、ライツイシュー等の資金調達方法が
    わかりやすく解説されていて参考になった。
    著者独特のユーモアで最後まで楽しく読むことができた。
    某一族さんのブログと合わせて読むとより楽しめる。(「三田を斬る」シリーズ)
  • 証券会社の「儲け」の構造
    伝統的な証券会社の人たちが、どのようなことを考え、行動しているか、ぶっちゃけて書いています。
    他の書籍とはひと味違う、業界の裏側が見えてくる一冊です。
  • 証券会社の「儲け」の構造
    銀行と証券は全く発想が違う、ということを概念的に理解するのにはいい本だと思う。書き出しが鮮烈。以下、メモ。

    債券の引受手数料は株の数十分の1
    フィービジネスの側面
    メインバンクと主幹事の違い
    ライツイシューの仕組
    トレーダーの儲けの仕組みとその危険さ