「宅間孝行」おすすめ作品一覧

「宅間孝行」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2013/06/07更新

ユーザーレビュー

  • くちづけ
    知的障害者の方について考えさせられる本で考え方、見方が変わって良かった。みんな1人の人間なんだと改めて思った。面白くて切ない感動する話だった。
  • くちづけ

    笑えるけど泣ける

    映画を見て号泣。
    小説版は映画では語られていない部分まで書かれていると聞き、購入しました。
    障がい者の家族が抱える悩みについても、けっこう赤裸々に書かれているかと思います。もちろん、現実にはもっと厳しいものがあるんだけど…

    登場人物は前向きな人が多くて好感が持てます。
    うーやんの会話が軽妙で楽しい...続きを読む
  • くちづけ
    知的障がいを持つまこ。まこは、性暴力をきっかけに、父親のいっぽん以外の男性とは、2人きりになることができませんでした。ところが、2人が住むことになったグループホームのうーやんとは、2人でも怖くないのです。
    障がい者が性暴力に遭いやすいリスク、そして加害者にされやすいリスク。障がい者と非障がい者(健常...続きを読む
  • くちづけ
    畑仕事の合い間に読み始めたら止まらなくなってしまった。結局、水遣りしながらずっと読んでて、気付いたら雨が降ってきていて、軽トラの中でそれでも読んで、笑って笑って、鼻水がとまらなくて苦しかった。ここ数年で最も心が熱くなった本。ひさしぶりに嫁さんに読んでみたらと薦めてみる。
  • くちづけ
    2年前に舞台をみて今回本書を読み、あらためてよくできた作品だと思いました。

    舞台は知的障碍者を集めたグループホーム。障害者とその家族の葛藤を中心に物語は進みます。
    僕のような知的障害者家族の人間が見ても感心するほど、障害者の生活・所作から犯罪、冤罪。また家族の苦悩など障害者周辺の環境や問題が細やか...続きを読む