新郷明子の一覧

「新郷明子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/28更新

ユーザーレビュー

  • アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム
    2017/8/11 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。
    2017/8/15〜8/16

    少し前にも西道先生の新書にも書かれていたが、アルツハイマー病が脳の糖尿病である、という説がますます有力になっているようだ。アミロイドカスケード仮説をターゲットにした薬剤開発がことごとくうまくいかないことからしても...続きを読む
  • アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム
    糖尿病と認知症の関係に興味を持ち購入。

    細胞特異的に毒性を発揮するストレプトゾトシン(使用すると糖尿病になる)という恐ろしい試薬が存在する事にまず驚きました笑
  • アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム
    アルツハイマー病は脳細胞にβアミロイドというタンパク質が沈着することにより起こる病気と考えられているが、この脳内のβアミロイドを分解するのがインスリン分解酵素であるそうです。
    しかし、高血糖の状態が続いていると、インスリン分解酵素は、大量に分泌されたインスリンを分解するほうで手一杯となり、βアミロイ...続きを読む
  • アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム
    糖尿病とアルツハイマー病は、膵臓や神経細胞の中の病変に共通点があり、どちらもインスリンの作用が低下したことが原因という。したがって、アルツハイマー病の予防と治療は、運動療法と食事療法が有効であるとの驚きの内容だった。

    糖尿病は、インスリンの量が不足したり、作用が低下したインスリン抵抗性になることに...続きを読む
  • アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム
    アルツハイマーも糖尿病もインスリンが関与。インスリン抵抗性をいかに下げる努力をするかが大事。
    現在のアルツハイマー病の研究の簡単なレビューとしても読みやすい。ただ原典にあたる必要性は感じる。