「雷句誠」おすすめ作品一覧

「雷句誠」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:雷句誠(ライクマコト)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1974年08月13日
  • 出身地:日本 / 岐阜県

1991年『BIRD MAN』で小学館まんがカレッジに入選しデビュー。『金色のガッシュ!!』が第48回小学館漫画賞少年部門受賞、TVアニメ化もされた。『どうぶつの国』が第37回講談社漫画賞児童部門受賞。その他作品に『ニュータウン・ヒーローズ』、『玄米ブレード』などがある。東日本大震災の被災者の支援に取り組んでおり、他の漫画家と共同で東日本大震災チャリティ同人誌「pray for Japan」で執筆

作品一覧

2017/05/17更新

ユーザーレビュー

  • VECTOR BALL 1巻
    何故打ち切ったのか。
    雷句誠のギャグセンスは自分のツボ。
    ギャグもそうだがストーリーも実に良いと思う。

    とはいえ、少々ブラックなギャグは現代ではもう扱えないということなのかもしれない。

    全巻読破
  • 金色のガッシュ!! 16巻

    最高過ぎ

    ただただ、最高。
    大人になった今でも最高で、大人になった今も力をもらえる。
  • VECTOR BALL 1巻

    最初は面白かったのに...

    最初はワクワクして読めたのでこのまま30巻くらいまで行くのかなと個人的に思ったけど、途中から話が脱線してしまい5巻くらいで終わる事となってしまい、なんだかつまらなくなってしまったのでとても残念でした。動物の国みたいな最初から最後まで組み立ててやれるといいのかなと思った。この作者は読み手に合うものを考...続きを読む
  • VECTOR BALL 2巻
    力学で戦う能力バトル初めて見た。異世界チート的に「力学を知らない世界の勇者」とみる事もできるかしら。新鮮で説得力のありすぎるバトルとド直球な正義感の相性は抜群。
  • VECTOR BALL 1巻
    本物の少年漫画、この表現しか思いつかないほど、この『VECTOR BALL』はとてつもない
    笑いも涙も怒りも、バトルもエグさも、先を読ませない謎も、かっちょえー技も、恐ろしい姿と歪んだ悪意を持つ敵も、少年と少年の熱い友情も、真っ直ぐな青春も、少年漫画を面白くするのに必要な要素全てが詰まっている・・・...続きを読む

特集