日暮吉延の一覧

「日暮吉延」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2016/09/23更新

ユーザーレビュー

  • 東京裁判
    [法廷という政治]丁寧に第一次資料を積み重ねながら、今日においても論争が絶えない東京裁判を、「国際政治」の場だったと捉え直した作品。戦中・戦後の混乱の中で、各国・各人の異なる思惑がいかにして東京裁判という場に結実したかが解き明かされています。著者は、2008年にサントリー学芸賞(思想・歴史部門)を本...続きを読む
  • 東京裁判
    表題の「東京裁判」とは、いうまでもなく、戦後日本の占領期において、聯合国側によって戦争犯罪者を裁いた「極東国際軍事裁判」のことで、そこで東條英機元首相らが「A級戦犯」として裁かれたことなどは一般常識の範疇であろう。しかし、わたしたちはほんとうに、この裁判について知っているといえるであろうか。この本を...続きを読む
  • 東京裁判
    本書は、東京裁判が「『文明の裁き』と『勝者の裁き』の両面をあわせもつ」ものとした上で、国際政治の舞台及び手段であったと提唱している。さらに本書は、国際政治としての東京裁判の目的が、「連合国と日本の双方にとって『国際政治における安全保障政策』」にあったことを指摘している。

    本書は、「歴史」の確定自体...続きを読む
  • 東京裁判
    極東国際軍事裁判、いわゆる東京裁判を様々な角度から克明かつ実証的に論じた一冊。
    著者の立場は、「東京裁判史観」といわれる肯定論に立つものでもなければ、単純な否定論に与するものでもありません。
    「あとがき」から引用すれば、

    東京裁判の「意図」よりも、政策としてどうだったかという「結果」を評価し、その...続きを読む
  • 東京裁判
    安倍首相の靖国参拝を受けて再読。思えば本書を最初に読んだのも、小泉首相(当時)の参拝問題がきっかけだった。

    例えば「A級戦犯」という言葉。今日では「敗けた責任を負う者」として使われることが多いが、東京裁判で裁かれたのはそうではなく、それまでの国際法では規定されていなかった「戦争を起こした罪」が“事...続きを読む