松谷明彦の一覧

「松谷明彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/04/10更新

ユーザーレビュー

  • 東京劣化 地方以上に劇的な首都の人口問題
    超Sレベル 判っていても戦略パラダイムを変えられないのが日本の特徴
    73年福祉元年は高度成長の「自然増収」を前提に設計したもの
    時代が変わってしまっても、時代不適合の制度を変えられない
    「既得権」にメスを入れる覚悟のリーダー=政治家が居ない
    しかし追いつめられて日本は変わらざるを得ない
    (冨山和彦先...続きを読む
  • 東京劣化 地方以上に劇的な首都の人口問題
    1945年~85年日本の生産年齢人口は4000万人増えました。
    これが奇跡の経済成長の要因の1つです。

    今後日本は40年で3000万以上生産年齢人口が減少します。

    これが日本社会に与える影響は想像できません。
    日本の社会は、人口が増加することを前提に作られたきたことを考えると、

    今の社会は、こ...続きを読む
  • 人口減少時代の大都市経済 価値転換への選択
     「人口減少経済の新しい公式」の著者である松谷明彦氏の書く、新著です。総人口減少・高齢化・労働力人口の減少が大都市にどう影響を与えるかを書いた本です。
     前著でも、「都会は人を集める。若くて活気がある、と思われているがそこに落とし穴がある。今若い、ということはこれから急速に老化することを意味するから...続きを読む
  • 人口減少時代の大都市経済 価値転換への選択
    日本の生産年齢人口は、今後40年で3000万人減ります。
    これが、今後の社会に与える影響は、一体どれほどのものか?
    今、日本が陥っている様々な混乱の要因の一つは、
    この労働者群が、半世紀に渡って、確実に減ることです。

    戦後45年~85年の間、日本のそれは4000万人増えました。
    今、自分達が住む社...続きを読む
  • 東京劣化 地方以上に劇的な首都の人口問題
    地方地方って危機感煽るけど、一番ヤバいの東京だよね、と思ってたらこの本を見つけて。僕は東京はいろんな意味で好きです。でも、決して自慢できないんですよね。基本的に消費や摩耗の対象であって、いざ不要になれば躊躇なく切り離せるくらい愛着が薄いというのがね。危機に際して金を取れるところから取って弱者に回す、...続きを読む