佐藤一斎の一覧

「佐藤一斎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/06/12更新

[現代語抄訳]言志四録
  • ブラウザ試し読み

志の見つけ方
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • [現代語抄訳]言志四録
    佐藤一斉という素晴らしい方が残した、日本が誇る帝王学の書。

    西郷隆盛が愛読していたというこの本は、若きセールスパーソンから指導者まですべての人のために役立つ素養を習得するのに必読です。

    良きリーダーとはなんなのか。
    人格者とはなんなのか。

    江戸時代から今なお受け継がれる「武士の魂」がこもった作...続きを読む
  • [現代語抄訳]言志四録
    素晴らしいです!
    どの言葉も、しみます。
    いつか、全文を読みたいと思います。
    再読のたびに、新しい発見、気づく言葉があるのでしょうね。
    すごい本でした。

    第二四三条 血気には老少有りて、志気には老少無し。老人の学を講ずるには、当に益志気を励して、少壮の人に譲る可からざるべし。少壮の人は春秋富む。仮...続きを読む
  • [現代語抄訳]言志四録
    1772年~1859年を生きた佐藤一斎さん。博多の歴女、白駒妃登美さんの講演で「死刑に次ぐ重罪人を流す場所、沖永良部島に送られた西郷隆盛が持っていった本の一つが言志四録」とおっしゃっていたのがきっかけで読んだ本。

    人間として大事な教えが、たくさん詰まっていて語り尽くせないです。

    志:心の立派な人...続きを読む
  • [現代語抄訳]言志四録
    多くの人に強くお勧めしたい本。

    学問は、知だけではなく徳を身に付けるものでもあると思うが、後者を身につけるための本は限られていると思う。
    その数少ない書物の中でも、珠玉の一冊といえる。

    一回だけ読んでしまえば読む必要もない本が多いが、この本は1000回でも1万回でも読むべきスルメ本だと思う。
  • [現代語抄訳]言志四録
    1800年前後の思想家、儒家である佐藤一斎の著書4冊をまとめたもの。西郷隆盛が座右の書にしたり、弟子には吉田松陰の師である佐久間象山を輩出したりと、明治維新の原動力になったと言っても過言ではない書。
    中心思想となるのは本の題名からも分かるように「志」。
    学問をするにも、自分を修めるにも、国を治めるに...続きを読む