鷹山誠一の一覧

「鷹山誠一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:鷹山誠一(タカヤマセイイチ)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 石川県
  • 職業:作家

『オレと彼女の絶対領域<パンドラボックス>』、『百錬の覇王と聖約の戦乙女』を手がける。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/08/01更新

ユーザーレビュー

  • 百錬の覇王と聖約の戦乙女15

    最後のシーンが熱すぎる

    普段感想とか書かないのだけれど
    作者様に伝えたいこの気持ちを
    ここに書きたくなりました

    正直作品はすごく素晴らしい
    疾走感があって流れも素晴らしい
    炎の軍との戦いは今までの
    戦略・知略お互いが拮抗して、読むのが止まらないくらい白熱してて

    最後にスカーヴィズが戦死するシーンは
    ...続きを読む
  • 百錬の覇王と聖約の戦乙女
    ファンタジー版の戦国乱世の物語みたいでした。でも派手な魔法でなく堅実な戦い方がさらにそう思わせました。
  • 百錬の覇王と聖約の戦乙女20
    前哨戦が終わったばかりから始まったこの巻ですが、まだまだ中盤戦のところで終わりました。悠長にもできない戦いなのに短時間の戦いの描かれ方が濃いです。
  • 魔王殺しの竜騎士1
    魔王を倒して闇に呑まれたら38年後だったランスロットが、平和になった世界の竜レースで活躍する。
    魔王を殺しただけで平和な世界になりすぎじゃない?とかは思いますが、スポコン競馬ものを読んでる気分で楽しめます。
    外伝『英雄の初陣』ランスロットの過去世界での魔族との戦い。
  • 魔王殺しの竜騎士1

    競馬じゃんか

    作品内容を読んで、単純に勇者の転生ものだと思った。
    勇者が魔王を倒したその時、魔王の最後の力で闇に沈む勇者。
    闇を魔剣で切り裂いた先は数十年後の未来の世界。
    そこでは竜騎士による、まー要は競馬が盛んな未来だったって感じ。
    早い話が、馬を竜に置き換えて競馬になった物語。
    G1だの三冠だの、現...続きを読む