「安間伸」おすすめ作品一覧

「安間伸」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/10/30更新

ユーザーレビュー

  • ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇
    金融商品毎に様々な税制があり、複雑怪奇で、矛盾が多く、したがって抜け道もあることを、分かりやすく例示している。
    法律は正しい人を守るのではなく、知っている人を守るということを改めて認識させられる。
    何事も生涯学習が必要。
    投資は、税の確認と計算とを抜いては、行えないと痛感した。
    日本の状況に沿って書...続きを読む
  • ホントは教えたくない資産運用のカラクリ3 錬金術入門篇
    裁定取引という考え方や信用創造について教えてくれる本。
    自分自身がプロでないのではっきりはわからないが、脱初心者を目指すあたりの人にはよいかもしれない。
    また、全体的に分かりやすい内容だし、文体もくだけた感じで、ある意味とっつきやすい。

    裁定取引一例メモ:
     原油価格が高騰した場合、他の低価格な代...続きを読む
  • ホントは教えたくない資産運用のカラクリ3 錬金術入門篇
    これは良書です。
    本のタイトルからして錬金術入門と書かれ
    文面も個性的で一見、胡散臭そうですが読みやすく内容は素晴らしい1冊です。

    錬金術≒資産運用≒裁定取引

    はじめは???と思うような人も読み終える頃には理解できるでしょう。
    まさかこのような本からポーターの「競争の戦略」をおさらい出来るとは思...続きを読む
  • ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇
    著作当時の各種投資商品の税制を紹介し、投資において税金の効果を考慮することの重要性を説きつつ、我が国の税制の問題点を指摘した本。全ての投資商品はデットかエクイティである、という説明等は、頭の中を整理する上で大変役に立った。最新の税制を勉強する、という目的では役に立たない本となってしまったが、投資の基...続きを読む
  • ホントは教えたくない資産運用のカラクリ 投資と税金篇
    預金、債権、株式、投資信託、その他もろもろの
    金融商品に関わる日本の税制について、著者独特の毒を
    ふりまきながらばっさばっさときっていきます。

    いやはや、このきりぶりがなかなか新鮮(^^;)
    くだけた文体は人によっては不愉快かもしれませんが
    私は気軽に読めました。

    2003年発行の本...続きを読む