デイヴィッド・J・ハンドの一覧

「デイヴィッド・J・ハンド」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/08/26更新

ユーザーレビュー

  • 「偶然」の統計学
    「偶然」だの「奇跡」だの、という言葉で表現される事象が、一体確率的にどんなものなんですかね?ということを説明してくれたお話。
  • 「偶然」の統計学
    プロでも騙されることがある確率の数学的なややこしさと、実際に起こった事件・事故の数奇性から、この手の本は何度読んでも飽きない。『人間この信じやすきもの』『たまたま』『リスクにあなたは騙される』に続く「確率本」。

    1億分の1の確率でも、1億回繰り返されれば「起こって当然」の事になるという、誰でもわか...続きを読む
  • 「偶然」の統計学
    格別の数式を使わずに,確率・統計のリテラシーが身に付く良本。 ほとんど奇跡に思える偶然だって,大量の試行と恣意的な観点抽出のもとでは充分起こりうる。実際に起きたそんな事例を紹介して,それが「おかしくない」ことを示していく。
    超大数の法則,選択の法則,近いは同じの法則など分類して,「奇跡」のからくりを...続きを読む
  • 「偶然」の統計学
    イギリス人っぽいのか教養が溢れてて上品な気持ちになりました。例えば8章の始まりはケインズを引用して、「正確に間違っているよりは、あいまいに合っている方がいい。」そして随所に銀河系ヒッチハイクガイドの引用。どうやら職業柄シンクロニシティが大嫌いみたいで、ユング好きとしてはちょっと彼を弁護したくなるくら...続きを読む
  • 「偶然」の統計学
    ありえない偶然と思った現象は大数の法則から行って必然なのだということを統計的に説明してくれる本。色々な事例が出てきて面白い。ロトを2回もあたった人とか、ニューヨークとロンドンとインドのテロ発生時にすべてその場にいた夫妻とか、ありえねぇーと思うような事例が出てきて、興味深かった。2700万ドルにまだ上...続きを読む