「坂本義喜」おすすめ作品一覧

「坂本義喜」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/12/04更新

ユーザーレビュー

  • 絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日
    ・まずこの本は、絵本なのでどの学年も命について考えさせられると思います。私は、この本を読む前は普通に牛肉を食べていたけど、本を読んだら牛がかわいそうと思ったので、これからは、牛に限らずどんな命も大切にして、食べ物は感謝して食べたいです。
    ・自分が今まで「おいしいっ」としか思わず毎日食べてきたお肉。で...続きを読む
  • 絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日
    いのちをいただいて自分たちは生かされていると言うことをよく考えさせられた。小学生の子供にもわかりやすく、良い内容だと思います。
  • 絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日
    「いただきます」それは、作ってくれた人にいう言葉ではない。
    『命』をいただきますという、言葉なのだ。
    飽食の現代日本に、大切な食育の原点を思い出させる。

    小売店には、解体された肉や魚が並べられている。
    まして、飲食店、とりわけ、ファーストフード店では、
    その生き物の原型を感じない。

    グルメ、食べ...続きを読む
  • 絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日
    牛を解体するというお仕事。
    世の中には、様々な仕事があり、どれも大切とはわかっていても、つい目を逸らしたくなる仕事もある。
    いのちをいただかないと、生きていけない私たち。
    そのいのちへの感謝と、その作業をしてくれる方へ感謝を忘れないようにしよう。
  • 絵本 いのちをいただく みいちゃんがお肉になる日
    涙がぼろぼろ出て来て、とてもじゃないけど読み聞かせ出来ない。わたしたちが口にしている食べ物は、かつてわたしたち同様に生き物であったこと。それらがあって私たちは生かされていること。子どもの頃、食べ物を粗末にしてはいけません、そう言われたもんね。