作品一覧

  • 白雪の英国物語
    -
    “ベティ・ニールズ全作品リスト”を掲載。大作家の多彩なクリスマス・アンソロジー! ■特別付録として巻末にベティ・ニールズ全作品リストを一挙掲載!
  • スター作家傑作選~天使の赤い糸~
    -
    大作家ヘレン・ビアンチンとアニー・バロウズが綴るシークレットベビー・ロマンス2篇に加えて、まるで上質な映画のようにドラマティックな愛なき結婚物語を収録した、豪華アンソロジーです! *本書収録の『情熱のとき』『ためらいの花嫁』は既に配信されている作品となります。ご購入の際は十分ご注意ください。
  • 夏の恋を抱きしめて
    -
    まぶしい太陽が、恋の訪れを告げている。ときめきが止まらない――熱く刺激的なラブストーリー3編! 実業家のアダムは幼なじみのメルと二人きりで無人島に流れ着いた。客船で7年ぶりに偶然再会したところを嵐に襲われ、海に投げ出されたのだ。少年時代、手の届かぬ名家の娘メルに恋心の裏返しでつらく当たってしまったアダムは、当時の誤解を解いて今こそ彼女を手に入れようと決意し……L・フォスター『熱い砂の上で』他、君主とのエキゾチックな恋を描くB・フェイス『砂漠のプリンス』など灼熱の恋物語3編を収録! *『熱い砂の上で』は既に配信されている作品と同様の作品となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
  • 春を待つ騎士
    4.5
    ■長い冬のあいだ春を待ち続けた今、きみを可憐な桜草で飾ろう■十四世紀なかばのイングランド――二年前に老齢の領主であった夫を亡くしたアレッタは、忠実な使用人たちの協力のもと、女手一つで荘園を管理していた。十五歳で嫁いで以来七年間、暴虐な夫から虐待を受けた彼女にとって、大変ではあっても、夢のように平和な日々といえた。その平安を打ち破るかのように、春の嵐が巻き起こる。長く不在だったという隣の荘園の領主、ジェロントが帰ってきたのだ。彼は初めて顔を合わせた瞬間から、アレッタを嘲り、挑発した。最初はアレッタの土地に、次いで荘園邸にも侵入し、彼女の心の中にまで横暴に踏み込んでくる。ジェロントがささいな弱みを突いて偽りの婚約を迫ってきたとき、アレッタは動揺を隠すことができなかった。わたしが過去の結婚に感じていた恐怖は、彼にはわからない。なぜ、ほうっておいてくれないの!
  • 傲慢なエスコート
    -
    安心できる男性と、どきどきさせる男。どちらを選べばいいの?■その夜、ジェニファーを迎えに現れたのは、圧倒的な存在感で彼女をたじろがせる、スティーヴンという男だった。恋人のデイヴィッドと喧嘩したジェニファーは、今夜開かれる企業家たちのパーティーに行くため、仕方なくエスコートを雇ったのだ。それでもパーティー会場にデイヴィッドが現れると、ジェニファーは我に返った。彼と仲直りをしなければ。誠実な彼との心安らぐ生活を望むなら……。パーティーの帰り、スティーヴンは強引に彼女の唇を奪って言う。「きみは一週間以内にぼくに連絡してくる。次のキスに賭けよう」いったい彼は何を言っているの? わたしは恋人とよりを戻すのに。ところが翌日の新聞には、スティーヴンとジェニファーの記事が、写真つきで大きく載っていた。大企業の重役と実業家の孫の一大ロマンスとして……。
  • 欲しいのはあなただけ
    -
    故郷と恋人を捨てて世界的デザイナーになる夢を叶えたが、母親の死を受けて帰郷することになったファンシー。ヒロインが恋の季節に見つけた永遠の愛とは…。
  • シルクの誘惑 哀愁のシカゴ I
    -
    1~3巻660円 (税込)
    マフィア幹部の息子が殺され、シカゴの街は危険度を増していた。だが、地道にランジェリーショップ〈シルクス〉を営むスンニ・ブレイズには別世界の出来事だった。殺害現場のベッドルームから、スンニの店のランジェリーと彼女の指紋がついたスカーフが発見されるまでは。被害者をろくに知らないのに、容疑者にされるなんて! 一刻も早く無実を証明しなければ……。マフィアの復讐におびえる彼女の前に、やがて謎の男が現れた。会うなり、男はスンニをかき抱いて甘いキスをする。思わずうっとりしたスンニだが、男の隠し持つナイフに戦慄した。もしかして、彼こそがわたしを狙う殺し屋なのだろうか?

    試し読み

    フォロー
  • 結婚は復讐のために
    -
    イザベラは家族の経済的困窮を救うためカシリス公妃となったが、12年後、カシリス公は莫大な借金を残して亡くなった。その返済義務から一時免れようと、彼女は囚人との結婚を思い立つ。すでに多額の借金を抱える男性と夫婦となり、返済を請け負ってもらったあと、すぐに離婚すればいい。だが牢番が連れてきた男性を見て、イザベラはその場に凍りついた。マーカス!かつて私が心から愛していた男性……。マーカスはイザベラの思いがけない申し出に激高した。結婚式の当日、花嫁だったイザベラは式をすっぽかしたのだ。だが怒りを抑え、彼はにこやかに結婚に同意した――今でも忘れられない女性への復讐のために。★大人気の作家ニコラ・コーニックが描く、時を経た男女の大人のラブストーリーです。
  • 愛の忘れもの
    3.0
    何不自由なく育ちながら家族も財産もなくし、教師として働かざるを得ないヘレンは、新入生の後見人と対面したとたんに色を失った。以前、家庭教師をしていた貴族の家で、好色な雇主に抱きつかれたときに偶然、扉を開けた紳士だ。おかげでその隙に逃げ出せたけれど、顔を合わせる勇気はない。どうか私のことなど忘れていますように……。ヘレンはさっと目を伏せてうつむいた。だが紳士は彼女に気づき、非難するような目を向けてきた。まるでヘレンが汚らわしい情婦だとでもいうように。■美貌ゆえに誤解され運命に翻弄されてきたヘレン。言われなき中傷に耐える彼女と傲慢な紳士の歯がゆい恋の物語です。3月の関連作『レディに御用心』はアン・アシュリーの作品です!
  • アフロディーテの醜聞
    3.0
    十八歳で天涯孤独の身となったデジレーは、亡き両親から受けた教育を頼りに女学園の教師として働いている。ある夏の暑い日、息抜きに森の奥にある美しい水辺に足を伸ばし、衣服を脱ぎすてて水と戯れていると、突然、“アフロディーテ”と甘い声で呼びかけられた。木陰にたたずんでいたのは放蕩者と名高いバックワース子爵。彼は賞賛するようにデジレーを眺めまわし、ぶしつけにも、愛人にならないかと持ちかけてきた。デイジーは情婦になるつもりはない、と憤慨して即座に断った。子爵の不届きな申し出を受けざるを得ない日がくるとは思わずに。
  • さらわれたレディ
    -
    ローラはある夜、婚約者エドワードとともに馬車で帰途についた。二年前、夫ルーカスが、海の事故で亡くなったと知らされた。それ以来、夫の遺した領地を女主人としておさめてきたが、最近になって地元の有力者エドワードと婚約したのだ。早く式を挙げようと迫るエドワードの言葉を聞き流しながら、外を見ていたローラは、馬車の前に二人組の男が立ったのに気づいた。追いはぎだわ! 異変に気づいた御者が馬車を止め、片方の男が近づいてきたかと思うと、ローラは暗がりに連れ込まれた。なぜか洗練された身のこなしに、魅惑的な瞳を持つ男性だ。次の瞬間、口を覆うハンカチを外した相手を見て彼女は言葉を失った。★亡くなったはずの夫が、追いはぎとなって再び目の前に現れた!ヒロイン、ローラの数奇な運命はどうなるのでしょうか? 情熱的な作風のヘレン・ディクソンの世界をご堪能ください。★
  • 初恋の帰る場所
    3.0
    父の死後、ヨーロッパから帰郷したベスは五年ぶりに隣人フィリップと再会した。彼は、実らなかった初恋の相手。だが彼と従姉の婚約にショックを受けベスが逃げるように異国へ旅立った直後、従姉は不慮の死を遂げていた。五年の間に痩せて美しいレディに変身したベスをフィリップは晩餐会に招待する。忘れたいのにふたたび燃えたつ恋心がせつなくてベスはついフィリップによそよそしく接してしまい……。■従姉以上に魅力的になって彼の心を射止めたい―五年間女に磨きをかけてきたヒロインが、彼の言葉に一喜一憂。リージェンシーの名手アン・アシュリーの作品を、どうぞお楽しみください。
  • 春を待つ騎士

    購入済み

    乞い求めるヒーロー

    最初のほうは傲慢な印象のジェロントですが、不遇な記憶を手放せないアレッタの事を気遣って頑なな彼女の気持ちが和らぐように愛情を示し続けます。
    悲しい出来事もありますがそれを超えてのハッピーエンドは、ジェロントの深い愛情をアレッタが信頼とともに受け入れる内容で、心が温まりました。

    #アツい #切ない #感動する

    0
    2022年06月02日
  • 春を待つ騎士

    購入済み

    お互いに愛しているのに、プライドや世間体から素直になれず、親密になっても不安定な関係がもどかしい。お話の後半は、過去が明らかになったりで引き込まれました。さっぱりして徐々に進む恋愛物ですがリズム良く一気に読めました。
    ハッピーエンドは良かったのですが、その後のエピローグがあったらもっとよかった。

    0
    2022年09月13日
  • 愛の忘れもの

    匿名

    ネタバレ 購入済み

    よくできたお話

    なかなか良くできたストーリーで、スムーズに読みました。同じシリーズ(スティープウッド・スキャンダル)の時系列で言うと同じ作者(ゲイル・ウィティカー)の『アフロディーテの醜聞』はこれより前に起きた事です。こちらも総じてテンポ良く読めるお話でした。
    自覚はないものの主人公二人とも最初から互いに魅力を感じているので、誤解が解けてその時の事情を冷静に考えられるようになると、周りの後押しもあって幸せな結末に至るところが自然に感じられてよかったです。
    唯一疑問だったのが、ヘレンがワイミントンに手袋の件で脅迫のような手紙を受け取った時に、それをジリアンに見せたらそこで彼女は幻滅したのでは、というところ。

    #ほのぼの #切ない

    0
    2023年02月09日
  • アフロディーテの醜聞

    Posted by ブクログ

    3.3
    デジレーなぜあっさり騙されたのか。
    バックワースも調べようと思えばいくらでも調べられるのにな。
    本人からはなしを聞きたかったのだろうけど。

    0
    2015年12月25日
  • 初恋の帰る場所

    Posted by ブクログ

    ネタバレ

    幼馴染みが再会して、友情から恋に発展する。まあ典型的なロマンス。
    ちょっと登場人物が多いのと、今後関連作の主人公になりそうな人物の描写が多くて散漫な感じでした。
    ヒーローもヒロインも自分の気持ちを抑えつけてるため、素直になれば良いのになあと思いながら読みました。

    0
    2011年02月02日

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!