「東京新聞原発事故取材班」おすすめ作品一覧

「東京新聞原発事故取材班」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2012/06/22更新

ユーザーレビュー

  • レベル7――福島原発事故、隠された真実
    福島第一原発事故の新聞連載記事をまとめた作品は数冊読んだが、
    本書が一番まとまりがいいかも。

    第一部は「福島原発の一週間」とし、事故発生からの第一原発の現場、
    東電本店、周辺自治体、官邸の動きをドキュメントで追っている。

    第二部は「汚染水との闘い」。原発から溢れ出る汚染された水。それを
    いかに止...続きを読む
  • レベル7――福島原発事故、隠された真実
    3月11日の事故後の初動の検証はもちろんのこと、原発導入に至った経緯など導入時期からずさんだった原発の管理について書かれている内容は非常に興味深い。

    やっぱりこんなものは許してはいけない、とつくづく感じた一冊だった。
  • レベル7――福島原発事故、隠された真実
    学生時代に読んだ宮部みゆきさんの同名の小説では、『レベル7まで進めば、もう戻れない』という言葉が書かれていたように記憶している。福島原発事故のルポルタージュである、本書を読んでいる途中に、何度この言葉が脳裏に浮かんでは消えたことか。

    第1章の『福島原発の1週間』は比類ないほどの緊迫感がみなぎる。淡...続きを読む
  • レベル7――福島原発事故、隠された真実
    新聞社による信頼性が高い情報がまとめられた一冊。
    安全指針が、対策を実施しないための口実として利用され、事故後は「想定外」「責任無し」の根拠とされた。
  • レベル7――福島原発事故、隠された真実
    この本はかねてから気になっており、ずっと読みたいとは思って おりましたが時間ばかりが過ぎてしまい、読むのがすっかり遅れてしまいましたが、こうして読み終えております。東京新聞の取材にかける執念を感じます。

    この本はかねてから気になっており、ずっと読みたいとは思っておりましたが時間ばかりが過ぎてしまい...続きを読む