桃井ジョンの一覧

「桃井ジョン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:桃井ジョン(モモイジョン)
  • 性別:女性
  • 生年月日:3月18日
  • 職業:マンガ家

『どのツラさげてスキだとか』、『Limit』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/09更新

ユーザーレビュー

  • リンクス 2020年1月号

    恋するインテリジェンス他

     丹下先生の(恋するインテリジェンス)の官僚シリーズが好きで読み続けています。今回先森さんの直属の部下の128期の黒瀬と柳の部下供威の二人のバディの物語が始まりました。先森さんからみた黒瀬と黒瀬が主役だと仕事ができて先森さんをとても尊敬してる黒瀬がこんな風に考えてたのねと楽しく読ませていただいてます...続きを読む
  • いばら姫に愛の手を
    2012/03/21
    【やや好き】年下ワンコ攻とトラウマ抱えたツンデレ年上受。 マルッと一冊表題作で満足。 元ヤン:工藤裕基×洋館に住むお姫様(♂):三上。 裕基の初恋の相手:三上が住む洋館の改修工事をする事になったのをキッカケに、過去の恋愛トラブルから引き籠もってた麗しのお姫様:三上に猛烈アタック...続きを読む
  • どのツラさげてスキだとか
    表題作が好きなので、そこだけの評価で星4つにしました。
    他二作を加えると星3つです。
    表題作の何が良かったかというと黒髪短髪ツナギキャップが個人的に萌だったのでつい…。
    テンポも良くてコメディ調だけど悩んでいたりもして、かわいくて楽しめました。

    二作目は受けがせっかく可愛い顔なのに髭、というのが駄...続きを読む
  • わがまま王のご帰還
    スピンオフ。こっちから読んだ。
    モデルの長男攻めと、その実家の店で働くマジメ青年受け。「泣かせたいけど実際泣かれると弱い」いじめっこ理論に当たる攻めに萌えた。
  • 傲慢作家のいびつな求愛
    2013/08/06
    【普通の上】表題作、喫茶店ウェイター:筒井×小説家:梶本。 自分に酔ってる的なしっとりめなレトロ雰囲気、そこはかとなく漂うヤンデレ臭のブレンド具合がイイ感じで結構好きだなと思っていたら、同時収録されてた水泳コーチと生徒の話は実に耽美だった。 ここまでいくと好みから外れるな。 あ...続きを読む