「伊図透」おすすめ作品一覧

「伊図透」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:伊図透(イズトオル)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

『BLUE SKY BLUE』で第49回ちばてつや賞一般部門大賞受賞(当時のペンネームは渡辺英)。『エイス』、『おんさのひびき』、『ミツバチのキス』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/21更新

ユーザーレビュー

  • ミツバチのキス 新装版 1
    人と接触すると、その人の心の中身、現在・過去・未来の全てを読み取ってしまう能力を持ったが故に、家庭が崩壊し、新興宗教に拾われ、その能力で教祖に祭り上げられ、そこから脱出した草野慧の物語。政府機関のエリート官僚でもある「完璧な書類」を作る駿河は、認知力の限界があってこそ、人間関係は育まれるのだと、誰で...続きを読む
  • ミツバチのキス 新装版 2
    人間の中には多分誰にも「強い」と「弱い」がある。「強い人間」と「弱い人間」があるのではなく、一個の人間の中にあるもので、それが他者からなんらかの干渉を受けた時に「強い人間」「弱い人間」に分類されるのかもしれない。

    性搾取される女性性を、この作者はどう言う気持ちで描いているのだろうか、といつも思う。...続きを読む
  • 銃座のウルナ 5
    ヅード族を殲滅しようとしたのは、その文化ゆえに受け入れ難かったからだろうか(禁忌とされる風習があった為)。トマホの夜に巣くう闇は、最期の一人になってしまった怒りと憎しみと絶望から生まれているのか、それともヅード族が持つ本質から来るものなのか。彼の怒りや憎しみは筆舌に尽くし難い。ウルナに対する復讐のや...続きを読む
  • 銃座のウルナ 4
    タイトルから想起される様なものは無い。パラレルワールド的なSFで、今よりも少し前の時代背景に近い為か、どうしても男尊女卑的な思想が根底にあり、それに抗う為の話でもない。ここの部分でどうしても引っ掛かりを覚えてしまう。

    戦果を挙げて帰国したウルナが特権を得る事もなく、やはり所詮女性兵士と言う「国家思...続きを読む
  • おんさのひびき 新装版 上
    新装版上下巻になっていたので大人買いして一気読み。

    まだイジメが大きな問題になっていなくて、イジメられていた人を本気で見下していた無知で残酷だった小学生時代を思い出したり、逆にクラスにうまく馴染めていない気がして憂鬱だった気持ちを思い出したり。

    色んな気持ちが吹き出してきた。