伊図透の一覧

「伊図透」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:伊図透(イズトオル)
  • 性別:男性
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

『BLUE SKY BLUE』で第49回ちばてつや賞一般部門大賞受賞(当時のペンネームは渡辺英)。『エイス』、『おんさのひびき』、『ミツバチのキス』などの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/12/21更新

ユーザーレビュー

  • 銃座のウルナ 4
    英雄としてトロップへ帰還したウルナ、故郷で愛するひとと巡り会い、新たな生活を始めるが、平和な生活の裏側で戦争は確かに続いている。
    今巻から新展開だけど、物語の主題がいよいよ語られ始めた印象。重く陰惨なテーマを扱いながらも、漫画としての文体は軽やかで美しい。
  • 銃座のウルナ 1
    戦場の悪罵の合間に挟まれる詩的な語りと、人物の表情や奇怪な蛮族、雪国の景色を描く繊細な線とによって織られたSF戦争漫画。ただその美しい世界に浸るだけでも楽しめるけれど、1巻で導入が終わり、巻末で大きく話が動き出す様子を見せたので、展開としても続きが気になる。
  • 銃座のウルナ 7
    憎しみと、愛の深さが余りにも拮抗していたからかもしれないが、もしウルナが子を宿す女性と言う性別で無ければ、ウルナは生きる道を選んだだろうか。フェミニズムがヒステリックに叫ばれているが、互いが互いであり、性別を含めての個体であると言う認識が出来んもんか、人間は…と考えさせられる。1~2巻辺りを読んでい...続きを読む
  • 銃座のウルナ 6
    ウルナが銃を持っていたのは最初の3巻までくらい、狙撃手として武勲を上げた彼女が故郷に帰って来て、兵士ではなくなる部分が多いのだが、作品のタイトルが『銃座のウルナ』なのは、やはり彼女はまた、銃を取らなければならない時が来るんだろうなぁ…と思いつつ、6巻を今から読む。
    たった一人のトホマの底なしの憎悪、...続きを読む
  • ミツバチのキス 新装版 1
    人と接触すると、その人の心の中身、現在・過去・未来の全てを読み取ってしまう能力を持ったが故に、家庭が崩壊し、新興宗教に拾われ、その能力で教祖に祭り上げられ、そこから脱出した草野慧の物語。政府機関のエリート官僚でもある「完璧な書類」を作る駿河は、認知力の限界があってこそ、人間関係は育まれるのだと、誰で...続きを読む