高遠琉加の一覧

「高遠琉加」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:高遠琉加(タカトオルカ)
  • 生年月日:2月21日
  • 職業:作家

1999年『神経衰弱ぎりぎりの男たち』で単行本デビュー(高遠春加名義)。『天国が落ちてくる』、『好きで好きで好きで』、『ラブレター 神様も知らない』など数多くの作品を手がける。

作品一覧

2020/05/25更新

ユーザーレビュー

  • 世界の果てで待っていて-嘘とナイフ-
    前作の続き・・・ですが、続刊は2020年現在、発行されていません。続きを・・・続きをください・・・

    前作と同じくエロゴトはほぼ無し。
    ですが、作中たった一度だけのキスシーンがあまりにも強烈に痛くて切なくてたまりません。とてもすきなシーンです。
    個人的にはからだを重ねるだけがエロじゃない、と思ってい...続きを読む
  • 唇にキス 舌の上に愛~愛と混乱のレストラン3~

    最高でしたー!

    ほっこりするのに骨太ストーリー。

    俺様キャラの久我がむちゃくちゃに惚れちゃって追いかけ方ともわかんないと、、、萌える。

    初めから好かれあっちゃうイージーさはなく、理人の寂しさと防御を突き崩す久我の熱い生き方。

    叶さんが可哀想だったから、イチだけでなく、叶さんのスピンオフも読みたかったなー。
  • 夢の庭「愛と混乱のレストラン」シリーズ番外編プレミアム小冊子

    ふたりの人生はつづく。

    「愛と混乱のレストラン」シリーズの最終章。晴れて恋人となった「ル・ジャルダン・デ・レーヴ」の支配人/理人とシェフ/久我のその後。
    理人にべた惚れの久我は相変わらずですが、刮目すべきは理人の人間らしい成長。
    ちゃんとお腹がすいて、久我のいないひとりの食事を「美味しくない」と思える理人...
    人間...続きを読む
  • 愛と混乱のレストラン
    これ!!!すごくすき!!!お仕事びーえるも好き、強がってるくせに脆い受けもすき、誤解されて受けが攻めに嫌われるところからスタートするびーえるだいすき。
  • ラブレター 神様も知らない3
    全3巻。1巻の中盤から面白くなって一気読み。
    陰と陽の対のようなタイプの違う攻め二人。受けが刑事の攻めに惹かれたのがよくわかる。三角関係とか酸いとか甘いとかの次元の話ではなくて。
    さすがに人は死にすぎだけど、心理描写がすばらしかった。最後の流刑事も微妙だけど、心にしこりを残したままという終わりかたは...続きを読む